ニュース
» 2018年01月23日 21時09分 公開

北日本から西日本の日本海側で大雪のおそれ 国交省が緊急発表

不要不急の外出は控えるように呼びかけ。

[ねとらぼ]

 国土交通省は1月23日から27日ごろにかけて、北日本から西日本にかけての日本海側を中心に降雪量がかなり多くなるおそれがあると緊急発表しました。

 当該地方で断続的に強い雪が降る見込みで、大雪による立ち往生などに警戒が必要と同省。不要不急の外出を控えること、やむを得ず運転する場合はチェーンを早めに装着することを呼びかけ。

 大雪が予想される地方整備局では、道路交通の確保ができる対応を24時間体制で行う予定としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう