ニュース
» 2018年01月24日 15時04分 公開

「社畜あるある」を展示する架空美術館の紹介動画が地獄 「寝てない自慢」や「深夜の問い合わせ」を絵画や彫刻で表現

こうした理不尽な事象が“あるある”にならない社会を目指すのが動画の主旨です。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 会社員に起こりうる悲しい“社畜あるある”を、架空の美術館「社畜ミュージアム」の展示品として紹介する動画が恐ろしい。「終わらない仕事に絶望して石化した社員」をはじめに、悲痛な姿が絵画や彫刻で表現されています。BGMのモーツァルト作「怒りの日」もベストマッチ。


タイトル 荘厳な空間に数々の地獄が

お手上げスライダー 絶望のあまりウォータースライダーの姿勢で固まった社員を表現

お手上げスライダー 題「お手上げスライダー」

 「取引先から深夜に問い合わせの電話」「ヒマそうにしながら『進捗どう?』と聞いてくる(だけの)上司」など、動画には理不尽なタスクや事象を描く作品が目白押し。過酷な状況を当たり前に受け入れてしまった社員による「寝てない自慢大会」も、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」風に表現されています。全然自由じゃない。


戦慄のミッドナイトコール クライアントからの鳴り止まぬ電話

戦慄のミッドナイトコール 題「戦慄(せんりつ)のミッドナイトコール」

進捗モンスター 急かすだけでなくて、せめてアドバイスくらいください

進捗モンスター 題「進捗モンスター」

寝てない自慢大会 なぜか生まれてしまう「寝てないやつが偉い」価値観

寝てない自慢大会 題「寝てない自慢大会」

 さらに、前任者からの引き継ぎもそこそこに、新入社員が先方へ謝罪させられる「はじめまして、ごめんなさい」や、上司が会社に長居するせいで部下が帰宅できない様子を描く「居残り部長」と、つらい状況が題材の作品が続々。最後の、連休明けの絶望感を描く「月曜、襲来。」に至っては、労働環境がどうであれ逃げられないやつじゃないですか……。


はじめまして、ごめんなさい おそらく、何かやらかした前任者の責任が新入社員にブン投げられている

はじめまして、ごめんなさい 題「はじめまして、ごめんなさい」

居残り部長 上司がまだ働いているのに帰るわけにも……と、気を遣って誰も帰れない、嫌な「最後の晩餐」

居残り部長 題「居残り部長」

月曜襲来 月曜日「やあ」

月曜襲来 題「月曜、襲来。」

 動画は面白法人カヤックが制作。中小企業政策の実施機関として中核を担う、経済産業省所管の独立行政法人「中小企業基盤整備機構」のPRで、企業が抱える諸問題を支援したいというメッセージが込められています。どうかこれらの展示品が“あるある”にならない社会が来ますように。


希望
希望 ホントお願いします


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう