ニュース
» 2018年01月24日 15時51分 公開

グリー、Supercellとの特許紛争についてコメント 「ゲーム会社である弊社としても大変残念」

Twitterではハッシュタグ「#グリーを許すな」がトレンドに入るなど、グリーに対する不満が多くあがっていました。

[ねとらぼ]

 グリーは1月24日、現在進行中のSupercellとの特許紛争について、公式サイトで正式にコメントを発表しました。同案件を巡っては23日、Supercell側がTwitterおよびゲーム内でコメントを発表しており、ハッシュタグ「#グリーを許すな」がTwitterのトレンドに入るなど話題になっていました(関連記事)。



 グリーによると、Supercell側とは以前から話し合いでの解決を提案していましたが、Supercell側が話し合いを拒否し、アプリの配信を継続したため、今回の仮処分申し立てに至ったとのこと。Supercellに対しては現状、特許の使用差し止め以外にも、損害賠償の請求も順次行っているとしています。

 具体的な特許侵害の内容については公開されていませんが、グリーによれば、「クラッシュ・オブ・クラン」「クラッシュ・ロワイヤル」を含む「Supercell社が日本で配信中のゲームアプリ」において、「非常に多数の特許侵害の可能性があることを発見」したため、2016年9月の時点でSupercellにその旨を伝えていたとのこと。

 また訴訟の影響で、「クラッシュ・オブ・クラン」および「クラッシュ・ロワイヤル」の一部機能が停止され、ユーザーに不便が生じていることについては「ゲーム会社である弊社としても大変残念に考えております」ともコメント。Supercellが早期に話し合いに応じ、事態が解決することを望んでいるとしました。


グリー 「クラッシュ・オブ・クラン」ゲーム内で発表されたお知らせ

グリー 「クラッシュ・オブ・クラン」は訴訟の影響で、「レイアウトエディタ」機能の削除を発表

 今回の訴訟を巡っては、「クラッシュ・オブ・クラン」が1月23日、グリーとの訴訟を理由に、ゲーム内の機能の1つ「レイアウトエディタ」を削除すると発表。ユーザーにとって著しく不便を強いる変更であったことから、「グリーふざけんな」「まじでいい加減にしろよな」など、グリーへの不満が多くあがっていました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう