ニュース
» 2018年01月24日 17時00分 公開

座って帰れる「京王ライナー」2月22日にデビュー 京王線初の有料座席指定列車 (1/2)

料金はプラス400円。最初の停車駅以降、席が空いていれば追加料金なしで乗れる。

[岩城俊介,ねとらぼ]

 京王電鉄は1月24日、「京王ライナー」の運行を2月22日に開始すると発表しました。

photo 座って帰れる「京王ライナー」

 京王ライナーは、シートレイアウトをロングシート型とクロスシート型に切り替えられる機能を備えた新型車両「5000系」を使った、同社初の有料座席指定列車です。1日10本、夜間の新宿発橋本行きか京王八王子行きで運行します。

 座席指定券は一律400円。区間内の定期券を持っていれば、座席指定券の購入のみで利用可能。専用サイト「京王チケットレスサービス」か、新宿駅に設置する専用券売機で乗車日当日に買えます。なお、京王永山駅か府中駅以降から乗車するならば、座席指定料金なしで利用できます。

 運行は平日の20〜0時台、土日休日の17〜21時台に、1日10本(各方面1時間に1本)。1編成当たり438席を用意します。新宿駅出発後の最初の停車駅は、橋本行きが京王永山駅、京王八王子行きが府中駅で、それ以降は現行の特急停車駅で停車します。

photo 京王ライナー 橋本行きの運行ダイヤ
photo 京王ライナー 京王八王子行きの運行ダイヤ

 5000系車両は、新宿方面へ向かう便はロングシートの通勤電車スタイルですが、京王ライナーとして下り方面へ向かう夜間は座席指定のクロスシート型に変化して運行できます。勤務先などからの帰りに長距離区間を利用する乗客の「座って帰りたい」というニーズに応えました。ふかふかシートや車内Wi-Fi、1席1つの電源など、「より快適」な設備も特長です(関連記事)

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.