ニュース
» 2018年01月24日 18時58分 公開

バーチャルキャラクター配信システム「AniCast」始動 必要な機材はPCとOculusだけとハードル低め

モーションキャプチャー不要でバーチャルYouTuberのような活動が可能に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 バーチャルキャラクターによる動画配信を、低コストで実現できるシステム「AniCast」が発表されました。モーションキャプチャーなどの大がかりな機材を必要とせず、PCとVRシステム「Oculus Rift」を使った最小限の構成で始められます。


イメージ

 エクシヴィ・SHOWROOM・シーエスレポーターズの3社提携による、「バーチャル SHOWROOMER 東雲めぐ」プロジェクトの一環で開発されたシステム。シーエスレポーターズのブランド「Gugenka」によるアニメ作品「うたって おんぷっコ♪」の主人公・東雲めぐを、動画やライブ配信用のキャラクターとして使用できます。


動きのバリエーション Oculus用コントローラー「Oculus Touch」で操作し、豊かな演技を表現できます

 システムはライブ配信サービス「SHOWROOM」上で動き、コメント投稿機能やギフティング機能が利用可能。東雲めぐのデビュー時期は「まもなく」とされており、これに伴い同プロジェクトは1月24日15時から、彼女の声優を募集するオーディションの受付を開始します。


配信 配信時のイメージ

(C)Gugenka from CS-REPORTERS.INC

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう