ニュース
» 2018年01月24日 20時45分 公開

列車内でクラシック音楽などのBGM放送実施へ 東京メトロが日比谷線で1月29日から試行運用

昨年Twitterで話題になったあの音楽機能が正式に披露されます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 東京メトロは、日比谷線13000系車内でクラシック音楽などのBGM放送を試行運用することを発表しました。1月29日からの日中時間帯、一部運行で実施予定。


日比谷線 車内 BGM放送 13000系 BGM放送が試行運用される13000系

 2017年3月にデビューした新型の13000系。車内スピーカーには「高音質ステレオ放送システム」を搭載し、通常よりクリアな音質が楽しめる仕様となっています。またこの搭載された“音楽が流れる機能”は昨年7月に誤作動という形で披露され、その音楽に心を癒やされた人の声が上がるなど話題になりました(関連記事)。

 もともとはイベント列車の運行や、車両点検時のスピーカー試験のために導入したものですが、今回より快適な車内空間を演出することを目的に当面の間試行運用し、そこからの意見をもとにBGMの有用性などを検討していくとしています。

 運行区間は日比谷線の中目黒駅〜北千住駅間で、東武スカイツリーライン内は流れません。BGMは、クロード・ドビュッシーの「月の光」やフレデリック・ショパンの「ノクターン」といったクラシック音楽に、Mitsuhiro氏作曲のヒーリング音楽も放送される予定です。


日比谷線 車内 BGM放送 13000系 対象となる車両の発着時間

日比谷線13000系車両内でのBGM放送試行運用:放送BGM

クラシック音楽 奇数編成(例:13101編成)

曲名「月の光」ベルガマスク組曲より/作曲 クロード・ドビュッシー

曲名「ノクターン」第2番変ホ長調 作品9-2/作曲 フレデリック・ショパン

曲名「春の歌」作品62-6/作曲 フェリックス・メンデルスゾーン

ヒーリング音楽 偶数編成(例:13102編成)

曲名「朝空を開いて」/作曲 Mitsuhiro

曲名「そよぐ緑」/作曲 Mitsuhiro

曲名「陽を浴びて」/作曲 Mitsuhiro

※上記の曲は一例です

※事故や荒天等の理由でダイヤ乱れが発生した場合は、BGMを流さない可能性があります

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう