ニュース
» 2018年01月24日 21時44分 公開

しゃべる抱き枕開発のベンチャーが破産

なでると声が出る抱き枕「痛すぽ」を開発していました。

[ねとらぼ]

 しゃべる抱き枕を開発していたベンチャー企業、ジョイアスが1月9日に福岡地裁小倉支部から破産開始決定を受けたと東京商工リサーチが伝えています。

東京商工リサーチ

 大学発のベンチャー企業で、クラウドファンディングで資金を調達して、2016年になでると声が出る抱き枕「痛すぽ」の商品化を発表。しかし製品開発の先行投資を吸収できずに資金繰りが急速に悪化し、事業継続が困難に。2017年秋ごろには事業活動を停止していたとのこと。負債は5160万円。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう