ニュース
» 2018年01月25日 18時00分 公開

後ろをテクテク「おともします!」 キツネ村を歩いていたらモフモフがついてきた

キツネのツアーコンダクターさんかな。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 宮城県白石市にある宮城蔵王キツネ村で暮らすモフモフのキツネさんが雪の上をついてきてくれる動画が人気を集めています。



蔵王キツネ村 「よろしくねー」

 動画を投稿したのはTwitterユーザーのあおつき(@_aotsuki_)さん。まぶしいのか笑っているのか、キツネさんは目を細めてカメラを見上げています。動き出すと後ろをついてくるキツネさん。時々顔を上げて様子を確認するしぐさが愛らしいです。


蔵王キツネ村 「ちゃんとついてきてるよー」

 雪が残る階段をトコトコと上がってきたキツネさん。カメラに近づきモフモフの毛並みを見せてくれました。


蔵王キツネ村 「よいしょ、よいしょ」

蔵王キツネ村 「自慢の毛並みも見せちゃうよー」

 あおつきさんによると場内にいる間ずっとこの子がついてきてくれたとのこと。投稿には「かわいい」「神々しい」「携帯でこんなに撮れるんですね」といったコメントが寄せられています。

 中にはエキノコックス(キツネが原因となる寄生虫)を心配する声もありますが、蔵王キツネ村ではしっかりと対策をしているそうです。



画像提供:あおつき(@_aotsuki_)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう