ニュース
» 2018年01月25日 06時30分 公開

ローソンで鍵の受け渡しができるサービス 民泊や内見などに活用できる

専用ボックスで受け渡し可能に。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 鍵の受け渡しシステム事業を欧米で展開している「Keycafe」とローソンが、ローソン店舗内に設置したIoTキーボックスで鍵の受け渡しができる新しいサービスを始めました。


鍵の受け渡しサービス
鍵の受け渡しサービス

 第1号が導入されたのはローソンGINZA SIX店(東京都中央区)。店舗の壁面に「Keycafe Smartbox」という鍵の受け渡し用の箱が置かれています。19個のキーキャビネットとタッチパネルが付いており、持ち主はこのキャビネットに鍵を入れ、インターネットを使って相手に鍵の箱へのアクセスコードを伝えます。受け取る側は指定されたローソンの「Keycafe Smartbox」にそのコードを入力すれば受け取れます。受け渡しの相手ごとにアクセスコードは変わり、また期限の設定も可能です。


鍵の受け渡しサービス ローソンGINZA SIX店の「Keycafe Smartbox」

 このサービスは民泊、カーシェアリングや貸会議室の利用、その他にも不動産の内見やハウスキーパーなどに利用可能。遠隔操作でき、無人でも安心な鍵のやり取りは便利そう。今後は、東名阪間を中心に2019年3月までに、約100店舗のローソンでこのサービスが設置される予定です。


(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう