ニュース
» 2018年01月28日 09時00分 公開

日本全国で約3年ぶりの「皆既月食」観察のチャンス 1月31日の夜から

1時間以上続く皆既食が見られます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 1月31日の夜、月が地球の影の中に完全に入り込む「皆既月食」が起こり、その始まりから終わりまでを日本全国で見ることができます。


皆既月食 2018年 当日の東京の夜空(画像:国立天文台

 国立天文台によると今回日本は条件がよく、またそのタイミングも夜遅すぎない時刻に起こるため比較的見やすいとのこと。月が欠け始める「部分食」が20時48分頃から始まり、21時51分には完全に欠けて「皆既食」が始まります。

 その後は皆既食が1時間17分ほど続き、皆既食から再び部分食となり、真夜中を過ぎた0時12分には元の丸い形にもどります。

 ちなみに日本で前回見られたのは2015年4月4日で、今回は約3年ぶり。その際も始まりから終わりまでが観察できましたが、皆既食の継続時間は12分間と短いものでした。



 国立天文台は、皆既月食ごとに変化する皆既食中の月の色を観察し、みんなで報告するキャンペーン「皆既月食を観察しよう 2018」を当日から実施。特設サイトでは月食の起こる仕組みや観察方法を解説していて、パソコンやスマートフォンで報告が行えます。

 またニコニコ生放送では「ニコニコ天体観測」として皆既月食を生中継する番組を放送予定。こちらの開場は19時20分予定となります。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう