ニュース
» 2018年01月28日 14時00分 公開

コインチェックがNEMの保有者に対する補償方針について発表 約460億円を日本円で全額補償

相場変動で返済額は減っています

[コンタケ,ねとらぼ]

 仮想通貨取引サイト「Coincheck」を運営するコインチェックが、仮想通貨「NEM(ネム)」保有者に対する補償方針について発表しました。対象となる約26万人全員に対し、日本円でコインチェックウォレットに返金するとしています。


コインチェック 流出 NEM 補償 コインチェックが発表したリリース

 この流出は1月26日に判明したもので、不正アクセスにより日本円にして約580億円相当(5億2300万NEM/流出時点でのレート)の「NEM」が流出。同日に行われた緊急会見はニコニコ生放送などで中継され、記者から厳しい質問が飛び出す場面も見受けられました(関連記事)。


コインチェック 流出 NEM 補償 会見当日の様子(画像はニコニコ生放送から

 今回の補償では、NEMの取扱高が国内外含め最も多い、テックビューロの運営する仮想通貨取引所「Zaif」のレートを参考に、出来高の加重平均を使って価格を算出。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時(1月26日12時9分)からリリース発表時(1月27日23時)までの加重平均の価格を日本円で返金します。

 補償金額は、1XEM(NEMの取引単位)を上記の算出方法により88.549円とし、保有数を掛けて計算。総額は5億2300万XEMとなるため、約460億円分が補償されます。補償時期や手続方法などは現在検討中で、返金原資については自己資金より実施するとのこと。

 リリースでは、「今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます」とおわびしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう