ニュース
» 2018年01月29日 09時00分 公開

ギネス新記録誕生、エンジン芝刈り機をあごの上に乗せて歩いた距離で今までの記録を50メートル以上更新

数々のギネス記録を持つ世界一のあご。

[林美由紀,ねとらぼ]

 米ニューヨーク州のAshrita Furmanさんが「あごにエンジン芝刈り機を乗せて歩いた距離」のギネス世界記録に認定されました。自身のこれまでの記録を50メートルも更新する71.50メートルの記録を打ち立てています。

 7.5キロの重さのエンジン芝刈り機をあごに乗せたAshritaさんは、手を使わず完璧なバランスで、2分13秒ほど歩いたといいます。


ギネス草刈り機顎1 エンジン草刈り機をあごに乗せて歩いた距離の世界記録樹立


ギネス草刈り機2 手は使わずバランスを取る

 Ashritaさんは、「あごに芝刈り機(エンジンなし)を乗せて歩いた距離」でも122.92メートルの世界記録保持者でしたが、2017年にアイダホ州のDavid Rushさんが200メートルの記録を達成し、世界一の座は奪われてしまいました。


ギネス草刈り機2 エンジンなしの草刈り機の方は世界記録を塗り替えられてしまいました

 しかし依然として、2017年8月に「81個のパイントグラスをあごに乗せてバランスを取る」というタイトルで12.10秒の世界記録に認定され、「あごに自転車を乗せてバランスを取る」というタイトルについても3分36.97秒のギネス記録を2016年11月から保持しています。今回の芝刈り機の記録で3つの世界記録を持つAshritaさん。これからもバランス感覚を生かした新たな挑戦を続けていくのかもしれません。


ギネスパイントグラス バランス感覚がハンパない



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう