ニュース
» 2018年01月30日 09時00分 公開

文字化けをモチーフにした狂気のカードゲームがヴィレヴァン通販に登場 「佃」は「鋏」で「鋏」は「苺」

変換力が試される時。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 コンピュータ上で時たま発生する現象「文字化け」をモチーフにした神経衰弱風のカードゲーム「mojibake(文字化け)」がヴィレッジヴァンガードオンラインに登場しました。

mojibake(文字化け) カードゲーム「mojibake(文字化け)」

 コンピュータ上の文字には16進数の符号が割り振られており、表示する際には「文字コード」という方式を使います。

 文字コードにはさまざまな種類があり、例えば「e7f5」という符号はEUC-JP方式では「苺」、Shift_JIS方式では「鋏」と変換されるため、異なる文字コードのコンピュータ間でメールのやりとりをした時などに文字化けが発生します。

 今回のゲーム「mojibake(文字化け)」は、この「苺」と「鋏」のように、「全く異なる文字に見えるけれど、変換前の符号が同じペア」をそろえるというもの。構想が発表された段階で「ややこしい」「狂気だ」と話題になりました(関連記事)。

mojibake(文字化け) 一応、カードには小さく「符号」と「ペアになる文字」が書かれています

 カードは32枚セットで2268円(税込)。制作を手掛けた「遊戯部すずき組」の公式サイトでは、ルール詳細を記載したPDFファイルが公開されています。

mojibake(文字化け) 3人以上向けのルールが公開されていますが、1人でも遊べるとのこと

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう