ニュース
» 2018年01月31日 20時00分 公開

妖怪と人間が共に暮らす世界を描いたお話 お互いが自然に溶け込んでいる空気感が好きと人気 (1/2)

色がなくても色が、音がなくても音が、気持ちが伝わる漫画。

[林美由紀,ねとらぼ]

 私たちが理解できない現象。それは妖怪の仕業なのかもしれません……。でも、もしも妖怪と人間が一緒に暮らすことができたなら、不思議だったり不気味に思っていたことも、意外と普通で当たり前のことだったりするのかも。そんな風に妖怪と人間が共に暮らす世界を描いたお話が人気です。

 作者はイラストレーターのnoho(@nohohitchcock)さん。天狗や河童といったおなじみの妖怪たちが人間と暮らす世界の日常を漫画やイラストに描いてTwitterに投稿しています。

 その中のエピソード「猫又エボリューション」は、人間の家族と一緒に住む20歳のオスネコ「ぶちお」のお話。ある日、しっぽが二股に分かれ始め、妖怪の「猫又」に変化したぶちお。家族であるたくみ君(小学生)、お母さん、お兄さんに、自分が恥ずかしがり屋であること、静かに暮らしたいということを伝えます。ぶちおが猫又に変身した瞬間をばっちり動画に収めたお兄さんも、盛り上がっていたお母さんも、そんなぶちおの思いに耳を傾けます。ネコだけど、妖怪だけど、ちゃんとぶちおの気持ちをくむ家族。周りの人たちもいい人でよかった!


ぶちお1 ぶちおが妖怪の二股に変化……する!?家族ワクワク。


ぶちお2 ぶちお、人間の言葉を話せるようになりました


ぶちお3 ぶちお、静かに暮らしたいと本音を漏らす


ぶちお4 みんな、ぶちおの意思を尊重している

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.