ニュース
» 2018年02月01日 16時30分 公開

錦戸亮、英語スピーチに「将来はハリウッド?」の声 ジャニーズのネット写真解禁で先陣切る

映画「羊の木」の会見が開催され、吉田大八監督とともに登壇しました。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 映画「羊の木」の会見が1月31日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で行われ、吉田大八監督と主演を務めた関ジャニ∞の錦戸亮さんが登壇しました。

 同作は、『がきデカ』の山上たつひこさん原作、『ぼのぼの』のいがらしみきおさん作画による漫画作品を実写映画化したヒューマン・サスペンス。国家の極秘プロジェクトとして6人の元殺人犯を受け入れた港町を舞台に、人々のさまざまな思いが交錯する同作で、錦戸さんは元殺人犯たちの受け入れ担当になってしまった市役所職員の月末一を演じています。

羊の木 映画 錦戸亮 関ジャニ∞ 吉田大八 にこやかに話す錦戸さん

 会見冒頭、錦戸さんは緊張した面持ちながらも流ちょうな英語であいさつ。「この作品はエンターテインメントでありながら、社会的な側面もある映画。過疎化、そして移民などの問題について考えるいいきっかけになれればと思います」と作品をアピールすると、会場の観客からは盛大な拍手が送られました。

 劇中では、主役でありながら市役所の職員という一見すると目立たない、普段のアイドルとしての姿とは対極ともいえる役柄を演じた錦戸さん。MCから、演じるにあたっての役作りについて聞かれると、「僕らもきらびやかな世界におるっちゃおるんですけど、家に帰ったら普通ですし、一人で飯も食わずにテレビを見ているときもあります。そんなに役作りを意識したわけではないですね」と回答。芝居という場においては、「自分のアイドル的なところは一切だす必要がないなというのは昔から思っていて」とも。

羊の木 映画 錦戸亮 関ジャニ∞ 吉田大八 関ジャニ∞ではギターを担当する錦戸さんですが、劇中ではベースを演奏するシーンも

 そんな錦戸さんについて吉田監督は、「(月末という役は)普通でありながら、常に映画の中で映っていますから、魅力的でないと成立しない」とした上で、「彼(錦戸さん)のことは映画やドラマを通じてしか知らなかったですが、すごく普通の青年をやっていながら、何かずっと目で追ってしまう魅力があります。視線を引きつける力がすごい。この役には必要な俳優だと思って声をかけました」と起用の理由を明かしました。

羊の木 映画 錦戸亮 関ジャニ∞ 吉田大八 錦戸さんを絶賛した吉田監督

 映画の内容に関連付けて、錦戸さんの恋愛観についての質問も。MCがとっさに「人生観についてで」と軌道修正を図ろうとしましたが、当の錦戸さんは「いずれひかれる人がいたら」とあっさり回答。「いまは全く考えられないですけど。いつかっていう夢みたいな感じの方が大きいですかね」と、答えづらい質問にも特に嫌がるそぶりを見せず、真摯(しんし)に答えていました。

 また好きな海外俳優はとの質問に、ジェイク・ギレンホール、デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウの名前を挙げた錦戸さん。好きな映画は何度も見返すようで、中には10回以上見た作品もあるとのこと。続けて、冒頭のスピーチを受け、ハリウッド進出を考えていたりするのかとの質問が飛ぶと、「いつかハリウッドというのがあるんでしたらもちろん挑戦させてもらいたい」と期待が高まるコメントも。一方で、「でも今日の頭のスピーチの英語だけで、もう死ぬほど緊張してたので」と照れた顔で明かして会場を沸かせるおちゃめな一面も見せつつ、「語学力は大事なんでしょうけど、でも語学力抜きに使いたい俳優といわれるように、まず日本で(そういう俳優に)なれるようにがんばりたい」と力強く宣言していました。

羊の木 映画 錦戸亮 関ジャニ∞ 吉田大八

 また同会見では、ジャニーズ事務所の所属タレント写真のWeb掲載が条件付きで解禁されたことも話題に。「記者会見、囲み取材、舞台挨拶などのタレント登壇時の写真のWebニュースサイトでの使用」に限り(原則3カットまでなどの条件はあるものの)掲載できるとしており、今回の会見がその第1号となりました。

 映画「羊の木」(配給:アスミック・エース)は2月3日全国ロードショー。


(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう