ニュース
» 2018年02月01日 18時12分 公開

「日本eスポーツ連合」設立 プロゲーマーライセンスの条件は「公認大会で優秀な成績を収めること」

講習も必要。

[ねとらぼ]

 eスポーツ産業の普及を目的とする新団体「日本eスポーツ連合」(英語名・Japan esports Union、略称・JeSU)の設立が発表されました。


JESU

 同連合は日本eスポーツ協会(JeSPA)、e-sports促進機構、日本eスポーツ連盟(JeSF)を統合し、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)日本オンラインゲーム協会(JOGA)の協力を受けて作られた新組織。eスポーツ振興に関する啓発活動の他、プロライセンスの発行や大会への公認も行う予定としています。

 また、同連合は2月10日・11日に開催される「闘会議2018」には主催者として参加し、プロライセンスを発行する最初の公認大会を開催。また、東京ゲームショウ2018の一般公開日でも公認大会を開催し、eスポーツに関するさまざまなコンテンツを発信するとしています。

 同連合は「プロゲーマーの定義」として

  • プロフェッショナルとしての自覚を持つこと
  • スポーツマンシップに則り、プレイすること
  • プレイ技術の向上に日々精進努力すること
  • 国内eスポーツの発展に寄与すること

の4つを掲げています。

 また、

  • 前述のプロゲーマーの定義に誓約していること
  • 同連合公認大会において公認タイトルの競技で優秀な成績を収めること
  • 同連合の指定する講習を受けること

の全てを満たす者にプロライセンスを発行する他、公認タイトルの過去の大会で優秀な結果を残したプレイヤーはゲームメーカーの推薦を条件に例外的にライセンスを発行するそうです。


JESU プロゲーマーになるにはこの条件を満たす必要がある

 ライセンスのカテゴリーは15歳以上で義務教育修了者を対象にした「ジャパン・e スポーツ・プロライセンス」と、13歳以上15歳未満を対象とした「ジャパン・e スポーツ・ジュニアライセンス」の2つを発行。ジュニアライセンス保持者は、高額ではない商品の獲得は可能ですが、賞金の獲得は不可とされています。なお、ライセンスの有効期限は2年間で更新の際にはeラーニングによる講習が必須となります。

 現在プロライセンスが発行される予定のタイトルは「ストリートファイターV アーケードエディション」「鉄拳7」「モンスターストライク」など6タイトル。プロライセンスはタイトル単位で発行し、「ゲーム内容が競技性を有すること」「3カ月以上の運営・販売実績を有すること」「今後もeスポーツ大会の運営予定を有すること」の3項目をベースに公認タイトルを決定するとしています。


JESU 発行予定タイトル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう