ニュース
» 2018年02月01日 18時00分 公開

文化庁、「音楽権利情報検索ナビ」を2月限定オープン 音楽の権利者情報がすぐ分かる

JASRACや日本レコード協会、niconicoの協力により、メジャー系だけでなくインディーズやボカロPの作品まで網羅。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 文化庁が「コンテンツの権利情報集約化等に向けた実証事業」の一環として、「音楽権利情報検索ナビ」サイトを2月28日までの限定で公開しました。曲名やアーティスト名、CDの製造番号等から、権利者は誰か、問い合わせ先はどこかといったデータを容易に検索できます(要ユーザー登録)。


ロゴ

 サイトには日本音楽著作権協会(JASRAC)や日本レコード協会(RIAJ)、日本芸能実演家団体協議会(CPRA)、niconicoといった事業者が協力。提供された情報をもとに、CD商品点数約42万タイトル、録音物数約521万音源、実演家数約51万人(組)、音楽作品数約423万を収録しています。これまでデータベース化されていなかったインディーズ系レーベルや、ボカロPなどネット系クリエイターの楽曲データについても検索可能。


システム データベース化への流れ

 コンテンツの権利処理を円滑化するのが同庁の目標。サイトの公開終了後は利用状況の分析や課題検討などを行い、多分野の著作物を含めた一元的な権利処理ができるプラットフォームの構築につなげるとしています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう