ニュース
» 2018年02月02日 23時17分 公開

週末珍ゲー紀行:伸びる陰茎を相手の肛門に突っ込むだけのガチンコ対戦ゲーム「Genital Jousting」がついに正式リリース

陰茎と肛門だけの集団性交に見る生殖器崇拝とウロボロスの神話。

[Ritsuko Kawai,ねとらぼ]

 2016年11月に早期アクセス版がリリースされ、一部で話題になっていたPC用ゲームGenital Joustingが、去る1月18日、ついに正式リリースされました。

 その独特すぎるビジュアルやゲーム内容はこの後の紹介に譲りますが、当時から「狂ってる」「ぶっ飛びすぎ」などと話題になっていた同作。1年ちょっと早期アクセス期間を経て、正式版ではどのように変わったのか、それとも変わっていないのか。そもそも本作の魅力はどこにあるのか。真っ先に早期アクセス版のレビューを書いていた、ライターのRitsuko Kawaiさんにあらためて語ってもらいました。




ライター:Ritsuko Kawai

週末珍ゲー紀行

カナダ育ちの脳筋女子ゲーマー。塾講師、ホステス、ニュースサイト編集者を経て、現在はフリーライター。下ネタと社会問題に光を当てるのが仕事です。洋ゲーならジャンルを問わず何でもプレイしますが、ヒゲとマッチョが出てくる作品にくびったけ。Steamでカワイイ絵文字を集めるのにハマっています。趣味は葉巻とウォッカと映画鑑賞。ネコ好き。




体と性別の概念を超越した外性器による集団肛門性交

 世の中にあふれる“変なゲーム(珍ゲー)”を紹介する「週末珍ゲー紀行」。第16回は、陰茎と肛門だけの乱交パーティーに興じるマルチプレイヤーゲーム「Genital Jousting」を紹介します。肉体と性別の概念を超越した外性器による集団肛門性交。デジタル時代における新たなファルス信仰の形といえる作品です。


Genital Jousting

Genital Jousting

 ゲームのタイトルにもなっているジョストとは、中世ヨーロッパで盛んに行われた騎士同士の伝統的な馬上槍試合のことを指しています。しかし、本作が伝統行事と異なるのは、一騎討ちではなく最大8人が参加できる乱交パーティーであることに加えて、ランスの代わりに伸び縮みするペニスを使用すること、そしてプレイヤーが突くのがプレートアーマーではなく対戦相手の肛門という点です。

 ゲームのルールは至ってシンプルで、誰かの肛門に挿入できれば1点、誰かが自分の肛門に挿入したらさらに1点、1ラウンドで計2ポイントまで獲得できます。1ラウンドの長さはおよそ10秒と極めて短いので、死合はまさに決闘らしく一瞬で決着がつきます。そして、ラウンドを重ねるごとにポイントに応じて自分の陰茎が伸びていき、スコア画面で最初に亀頭がゴールラインに到達したプレイヤーが優勝です。

 トップでゴールするポイントは、他プレイヤーの陰茎を受け入れる体制を整えつつ、自らも果敢にカマを掘りにいく攻守を同時にこなせるかどうか。そこにはもはや卑猥さなどかけらもありません。刹那の合体にキー入力の全てをかけたガチンコの格闘技なのです。特筆すべきは、自分が入れたら終わりという破壊的欲求を刺激する利己的な行動のみに終わらない点。全てのプレイヤーが得点を最大限にするために行動を最適化した場合、ペニス同士が数珠つなぎとなりウロボロスが形成されます。これこそが性器の大乱闘に垣間見える神話のはじまりです。


Genital Jousting

Genital Jousting

 ウロボロスは、自らの尾を噛んで円環状をなすヘビもしくは竜をイメージした古代のシンボル。世界創造が全にして一であることを示す象徴図として、主にヘレニズム文化圏で用いられました。元来、ヘビは長期間の飢餓状態にも耐えられる強い生命力を有しており、脱皮を繰り返して成長を続ける特性とあわせて、古来より死と再生や不老不死の象徴とされています。そのヘビが永遠に自らを取り込むことで、始まりと終わりを超越した存在になるという解釈が備わったといわれています。

 そもそも円環とは元より統合と分割、進化と退化、成長と退行、生と死の過程など、永遠という時間の象徴であり、すなわちウロボロスは原初的混沌のシンボルです。また、勃起した陰茎の象徴ファルスは、数多の古代文明において愛や豊穣のシンボルとして、神々の描写に用いられてきました。そんな豊穣の神によって紡がれし陰茎のウロボロスは、もはや始まりも終わりも超越した永遠の繁栄を意味しているといっても過言ではありません。加えて、対戦ゲームでありながら自ずと調和へと向かうゲームデザインは、まさに軍神アレースが生殖の女神アプロディーテーを寝取って誕生した調和の女神ハルモニアーの体現ともいえるでしょう。

 生殖器崇拝とウロボロスの神話については語り出すと長くなるので、詳しくは2016年11月に「Genital Jousting」が早期アクセスとして発売された際に筆者が書いたレビューを読んでください。確実にいえることは、今年(2018年)ようやく正式リリースを迎えて再び脚光を浴びましたが、あの頃すでにゲームとしても神話としても完全体で降臨しており、その内容は大して変わらないということです。本作を卑猥と捉えるか、芸術的と捉えるか、はたまた神聖と捉えるかはユーザー次第ですが、電子ドラッグ的な中毒性があることは間違いありません。たったのワンコイン(日本円だと720円)の値段で、神々の遊びに畏怖してください。


Ritsuko Kawai


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう