コラム
» 2018年02月05日 11時00分 公開

貯金は「取り崩す」、それとも「切り崩す」? 間違えやすい日本語

どっちでもいい気もするけど、間違いたくはない。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 私たち日本人とは切っても切れない日本語。しかし灯台下暗しで、意外と難しいものです。完璧に使いこなせているという人は、なかなかいないのではないでしょうか。

 本記事では「あれ、どっちが正しいんだっけ?」となるような微妙な表現を集めてみました。間違った日本語を使っていないかチェックしましょう!

※現在、慣例的に使用されている表現であっても、本来の表現でない場合は誤りとしています。

怒りのあまり、声を「あららげる/あらげる」

 「あららげる」が本来の使い方です。

 しかしながら、文化庁による平成22年度「国語に関する世論調査」では、「声をあららげる」を使う人が11.4%、本来の言い方ではない「声をあらげる」を使う人が79.9%という結果が出ており、非常に間違いの多い日本語といえます。

 こうした結果や発音のしやすさを受け、放送業界では「声をあらげる」という表現も許容されています。

会社のピンチに、社長自ら采配を「振る/振るう」

 正しくは「采配を振る」。「陣頭に立って指図・指揮する」という意味があります。

 「采配」とは「大将が手に持って使用した、兵士たちを指揮するための道具」のことで、それを戦場で振って使用していたことから「采配を振る」という表現が生まれました。

ひきょうな手によって「足/足元」をすくわれる

 「足をすくわれる」が正しい表現。この言葉には「卑劣なやり方で失敗させられること」という意味があります。

 「足元」は、「足の下の方」よりも「足がついている地面」という意味合いが強いです。足元にある地面をすくわれても、被害は少なそうですね。

学費を納めるために貯金を「取り崩す/切り崩す」

 「取り崩す」には「まとまったものから少しずつとる」、「切り崩す」には「ものを切ったりけずり取ったりして、もとの形でなくする」という意味があります。

 これらの意味から「今ある貯金から少しずつとって生活費などにあてる」といった意味で使用する際には、「貯金を取り崩す」という表現が正しいです。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう