ニュース
» 2018年02月05日 14時23分 公開

「けものフレンズ」今度は新作ゲーム巡り騒動に アニメ素材使用に福原P「看過できません」

発表直後は「たつき絵だ!」と喜ぶ声もあったのですが……。

[ねとらぼ]

 2月2日に発表された、「けものフレンズ」の新作ゲームアプリ「けものフレンズ・ぱずるごっこ」が一部で物議をかもしています。ヤオヨロズの福原慶匡氏は2月3日、「私としても看過できませんので、まずは調査した上で対応を考えたいと思っています」とツイートしました。



 「けものフレンズ・ぱずるごっこ」は、「けものフレンズ」を題材にしたスマートフォン用パズルゲーム。2月2日放送のインターネット番組「けものフレンズ げーむぎゃらりー」の中で画面写真やプレイ動画が初公開されたのですが、キャラクターのイラストや音楽などがアニメ1期を元にした、いわゆる“たつき監督版”だったことで話題に。一部で「たつき絵だ!」と喜ぶ声もみられた一方で、「(たつき監督は関わっておらず)アニメ版の映像をそのまま切り抜いて使っているのでは?」と心配する声もあがっていました。


けものフレンズ ぱずるごっこ

けものフレンズ ぱずるごっこ

けものフレンズ ぱずるごっこ

けものフレンズ ぱずるごっこ


 福原Pのツイートはこうした流れを受けてのもの。ツイートでは「アニメ設定やアニメ絵の流用があるのでは」との問い合わせが多く寄せられているとしつつ、きっぱりと「弊社は一切関与しておりませんし、事前共有も頂いておりません」と関与を否定。アニメ版の素材が使われていたことについて、福原Pとしては把握しておらず、ヤオヨロズやたつき監督も関わっていないことを明かしました。

 編集部では、アプリ開発を担当するFUNPLE STREAMとヤオヨロズにそれぞれ問い合わせましたが、FUNPLE STREAMによれば、現在は製作委員会に報告している段階で、対応が決まるまでは回答を待ってほしいとのこと。また、ヤオヨロズ側は担当者が終日不在で、当面の間出社の予定はないとのことでした。

 アニメ「けものフレンズ」を巡っては、2017年9月にたつき監督がTwitterで降板を発表したことを発端に、アニメ制作を担当したヤオヨロズと製作委員会の関係悪化がささやかれるなど大きな問題に発展していました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう