ニュース
» 2018年02月06日 08時00分 公開

「行きたすぎる」「天国やんか」 箕面温泉スパーガーデンの「無料ゲームセンター」はなぜ生まれたのか【タイトル一覧あり】

サムライスピリッツ・熱血高校ドッジボール部・アルカノイドなどの名作筐体がそろっています。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 大阪府箕面市にある温泉テーマパーク「箕面温泉スパーガーデン」に、2017年3月から「無料ゲームセンター」がリニューアルオープンし、いまゲームファンの大きな注目を浴びています。

 そこは入館料さえ払えば好きなだけ、ちょっと懐かしいアーケード全盛期のゲームがフリープレイで楽しめる、全国でも非常に珍しい施設。注目を浴びるきっかけになったのはTwitterで、「これ全部フリープレイです」「全部好きなだけプレイ可能」と投稿された写真が話題になると、「行きたすぎる……」「天国やんか……」といった声が多く寄せられました。



無料ゲームセンター 老若男女が遊べる往年の名作ゲームたち

 このゲーマーにとっては楽園のような環境は、なぜ生まれたのでしょうか? スパーガーデンの担当者にお話を伺いました。


―― この“フリーゲーセン”は、いつ生まれたのですか?

 2017年の3月からです。スパーガーデンは「お祭りエンタメ温泉テーマパーク」と称しているのですが、同時に何故か“ほっと”するような空間でもありたいと願っています。そのため、お父さんがお子様になつかしいゲームを教えながら、一緒に楽しんでもらうことを狙い、このゲームコーナーを設けました。

―― お客さんの反応はいかがですか?

 告知ツイートは3日間で60万以上の閲覧と5000回以上のリツイートがなされ、その反響の大きさに驚きました。現在でもその勢いは続いており、非公式に「ランチバイキング&アーケードゲームをやり放題しまくろうの会」のようなお仲間も存在していたりするほどです。

 また、狙ったとおりの世代のお父様やお母さまがお子様と一緒に楽しんでいる姿や、祖父母と思われる世代の方が意外におひとりでプレーしていただけている光景が見られ、皆様に喜んでいただけております。


無料ゲームセンター 畳の床に筐体を置いて遊べる部屋もある

無料ゲームセンター 親子が同じゲームを楽しむ光景が

―― ちなみに担当者オススメのゲームはありますか?

 「ぷよぷよ通」ですね。老若男女問わず気軽に楽しめて、対戦すると地味に熱くなれるゲームです。その他、対戦モノは総じて人気がありますよ。

―― レトロゲームの筐体が多いですが、苦労はありますか?

 往年のアーケードゲームの中古筐体であろうとも、良い状態で提供したいので、日々修理しながら運営しています。しかし故障した際にどうしても部品が手に入らず、修理を断念せざるを得ないケースがあるのも実情です。最善を尽くしますので、優しく扱っていただければ。

―― 何台ほど設置していますか?

 当初20台ほどの予定でしたが、あれもこれも入れたく、40台超の規模になりました。それらを故障確認でプレイする際、アーケードゲーム全盛時代に青春を過ごしたスタッフも多いため、つい仕事を忘れて必要以上にプレイしてしまうこともしばしばあります(笑)。


無料ゲームセンター 名作パズルゲーム「上海」も

 気になるゲームのラインアップは次の通りです(2018年2月5日現在。今後変更される場合があります)。


「箕面温泉スパーガーデン」ゲームラインアップ

1F ゲームコーナー

  • 上海 万里の長城
  • Mr.DRILLER G
  • アルカノイド
  • ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ タワーオブドゥーム
  • ピンボールアクション
  • ぷよぷよ
  • ナムコクラシックコレクションVOL.2
  • マーヴル VS カプコン
  • ザ・キング・オブ・ファイターズ '95
  • コナミ80'Sアーケードギャラリー
  • パロディウスだ! 神話からお笑いへ
  • テトリス
  • バーチャストライカー2 バージョン'98
  • 戦場の狼

B1Fゲームコーナー

  • SUPERワールドスタジアム'95
  • パズルボブル4
  • バーチャストライカー2 ver.2000
  • ナムコ クラシックコレクション Vol.2
  • エレベーターアクション リターンズ
  • テトリス ザ・グランドマスター
  • 新日本プロレスリング闘魂烈伝4 アーケードエディション
  • 機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT
  • THE BATTLE OF 幽☆遊☆白書 〜死闘!暗黒武術会〜
  • ダイナマイト刑事EX
  • サイドアーム
  • 上海II
  • 餓狼伝説スペシャル
  • ギャラガ
  • サムライスピリッツ
  • ボンバーマンワールド
  • ぷよぷよ通
  • 功里金団(くりきんとん)
  • スーパーストリートファイターII X
  • スーパーワールドスタジアム2001
  • 雷電DX
  • ファイナルファイト
  • パワースマッシュ
  • 天地を喰らう2 赤壁の戦い
  • ロックマン・ザ・パワーバトル
  • メタルスラッグ3
  • 熱血高校ドッジボール部

 入場料金は、大人はデイ入館 (10時〜18時までの入館)の場合は平日1580円 土日祝1980円。ナイター割引 (18時以降の入館)だと平日980円、土日祝1280円。さらに2018年2月28日まで行われているナイターお得キャンペーンだと、平日・土日祝とも750円という格安料金で入れます。

 また同施設は箕面観光ホテル(大江戸温泉物語グループ)の一部でもあるので、宿泊することも可能。お風呂とゲームを楽しんだ後は、部屋でくつろぎの時間を過ごせば、日々の疲れが一気に飛んでいきそうです。


無料ゲームセンター こんなゲーマーお姉さんたちに会える?


辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう