ニュース
» 2018年02月06日 14時45分 公開

ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」 展覧会のアイドルなキャッチコピーに賛否

ねらいは伝わってくる。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 国立新美術館で開催される「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」の広告が賛否両論を巻き起こしています。

ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」 展覧会のアイドルなキャッチコピーに賛否 目を引くキャッチコピー

 話題になっているのは、ルノワールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」をモチーフにした広告。ポスターには「絵画史上、最強の美少女。」とのキャッチコピーが書かれており、「美少女」の文字には「センター」とルビが振られています。

 センターとはアイドルグループにおいて中心に立つ存在を指すもの。絵画と共に「美少女」「センター」といった現代の大衆文化を意識させる言葉を配置したことに対し、広告を見た人からは「ルビ振った人、大丈夫かよ」「安っぽいというか、軽いイメージついちゃう」といった批判意見や、「アピールしたい年齢層がわかりやすい」「若い子が絵画観に行くキッカケになるなら、こんな表現も歓迎」と理解を示す意見など、賛否を呼んでいます。

ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」 展覧会のアイドルなキャッチコピーに賛否 アリ? ナシ?

 実はキャッチコピーは以前から使われていたもので、昨年(2017年)からしばしば話題になっていました。今回は会期が迫ってきたことで露出が増え、大きな話題に。せっかくなのでコピーを考案した理由について、あらためて美術展の主催者に聞いてみました。

コピーを付けた理由

――「可愛いイレーヌ」を広告のモチーフに選んだのはなぜですか。

主催:ルノワールの最高傑作と知られており、本展のメインビジュアルにふさわしいと考えて選びました。

――「美少女」に「センター」というルビを振った理由を教えてください。

主催:古今東西、幾多の画家が女性の肖像画を描いてきましたが、その作家たちの中でも、ルノワールが特に数多く描いています。そのルノワールの女性の肖像画の中でも、「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」が彼の最高傑作の美少女像であると考え、2018年に開催するにあたり多くの皆さまに少しでも興味を持っていただくためにこのキャッチコピーを考案しました。

――SNS上では「センターが美少女とは限らない」という意見も出ていますが、どう思いますか。

主催:言葉に関しては皆様それぞれお感じになることが違うと思いますので、主催者からは展覧会に直接関係すること以外の回答は控えさせていただきます。

――広告を見た人から反響・意見などは届いていますか。

主催:直接こちらには頂いておりません。


 「美少女がセンターとは限らないのでは?」というツッコミに対しては残念ながらノーコメントでしたが、コピー自体はルノワールの作家性と照らし合わせて検討されたものだったと分かりました。


 ちなみに展覧会では美少女の肖像画以外にも風景画や静物画など、20世紀前半のスイス人実業家エミール・ゲオルグ・ビュールレが終生をかけて収集したコレクションを一挙に展示。ビュールレ・コレクションは2020年にはチューリヒ美術館に全て移管されるため、今回はその全体像が見られる貴重な機会になっています。


開催概要

東京展「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

  • 会期:2月14日 〜5月7日
  • 開館時間:10時〜午後18時 (毎週金・土曜日、4月28日〜5月6日は20時まで) ※入場は閉館の30分前まで
  • 休館日:火曜日休館 ※5月1日は除く
  • 会場:国立新美術館

福岡展「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

  • 会期:5月19日〜7月16日
  • 開館時間:9時30分〜17時(入館は16時30分まで) 毎週金・土曜日は20時まで夜間開館(入館は19時30分まで)
  • 休館日:5月21日、6月4日、6月18日、7月2日
  • 会場:九州国立博物館

名古屋展「名古屋市美術館開館30周年記念 至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」

  • 会期:7月28日〜9月24日
  • 開館時間:9時30分〜17時(毎週金曜日は20時まで) ※入場は閉館の30分前まで
  • 休館日:毎週月曜日(ただし8月13日、9月17日、24日は除く)、9月18日
  • 会場:名古屋市美術館

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう