ニュース
» 2018年02月06日 16時28分 公開

お前、雪見だいふくじゃないか! 変わり果てた姿になった雪見だいふくがアメリカで目撃される → 実は……

お前、雪見だいふくじゃないか……!?

[ひーこ,ねとらぼ]

 「雪見だいふくは新天地を求めアメリカ大陸に渡ったが――」という、アメリカ在住のSean Ben Kosowski(@exnomomania)さんのツイートが話題になっています。雪見だいふく……雪見だいふくじゃないか! お前いつのまにアメリカに……!



カラフルなアイス 色はカラフルですが、確かに雪見だいふく(Seanさんのツイートより)

 写真に写っていたのは、緑、茶色、オレンジ、ピンク、紫などなど、カラフルに着色されてショーケースに中にぎっちりと詰め込まれた大量の雪見だいふくたち。日本では2個セットで個別包装が基本ですが、さすがは大量消費の国。Seanさんはそんな雪見だいふくの心境を「――こんなはずではなかったと今夜も望郷の念に駆られるのである」と代弁します。

 と、そんなストーリーをつい想像したくなってしまうのですが、実はこれ、雪見だいふくによく似た別のアイス。アメリカのスーパー・Whole Foodsで販売されている「Mochi」という商品なのだそうです。

 実際の味などについて、投稿者であるSeanさんにお話を伺ったところ「アイスがもちで包まれているとか、基本的な構造は同じです。あの白っぽい片栗粉みたいなものも微量まぶしてあったりします。白はバニラ、グリーンは抹茶、茶色はチョコレート、橙色はマンゴーなど色々なので、そこは本家よりもバラエティーがあって面白いかもしれないですね」とのこと。


ショーケース1 これはテンションが上がる光景(Whole Foodsのプレスリリースより

 「寿司でも多彩なカリフォルニアロールを生み出したり、そこらへんはアメリカを通することでバラエティが出てくるところなど、面白い部分もあるし、逆輸入しても普通にいけるかもしれませんね」と話すSeanさん。なおツイートでは「体に悪そうな着色を迫られ」と書いていましたが、撮影時に色が若干おかしくなってしまったのをネタにしただけで、普通に楽しめる味だそうです。


メニュー 日本にない味、食べてみたい!(Whole Foodsのプレスリリースより

 東西海岸沿いに長く定住しているというSeanさん。内陸のことについてはあまり分からないとしつつも、この“もちアイスクリーム”自体は別のチェーン店(例えばTrader Joe'sなど)でも、パッケージを変えて以前から売られていたそうです。「個人的には2000年代前半から中盤頃に売られているのに既に気づいていました」とのことでした。


ショーケース2 何個でも食べられそう(Whole Foodsのプレスリリースより

画像提供:Sean Ben Kosowski(@exnomomania)さん

ひーこ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう