ニュース
» 2018年02月07日 15時05分 公開

コインチェックをかたる便乗詐欺が発生 消費者庁が注意喚起

安易な送金はしないよう注意喚起。

[ねとらぼ]

 消費者庁は7日、コインチェックを装ったアカウントによる詐欺の情報が寄せられているとして、Twitter上で注意喚起を行いました。

コインチェックをかたる便乗詐欺が発生 消費者庁が注意喚起 消費者庁のTwitter

 偽装アカウントは「料金を支払えば出金ができる」旨の偽情報を発信しているとのことで、消費者庁は「公式サイトや最新情報を確認し、安易に送金しないようにご注意ください」と呼びかけています。

 コインチェックは国内最大級の仮想通貨取引所。同取引所では1月26日、不正アクセスにより約580億円分の仮想通貨(5億2300万NEM(ネム)/流出時点でのレート)の「NEM」が流出し、同日から日本円と全仮想通貨の出金が停止に。出金再開の見通しが立たない中で、利用者の不安につけ込んだ詐欺が発生していると考えられます。

コインチェックをかたる便乗詐欺が発生 消費者庁が注意喚起 コインチェックの26日の会見(画像はニコニコ生放送より

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう