ニュース
» 2018年02月07日 18時55分 公開

等身大の迷路で「パックマン」をプレイ! ナンジャタウンにMRアトラクション

最近の技術、すげえ!

[大里ミチル,ねとらぼ]

 パックマンをモチーフにしたアトラクション「PAC IN TOWN」がナンジャタウン(東京・池袋)でスタートしています。Microsoftが開発したMR(複合現実)ゴーグル「Microsoft HoloLens」を装着し、自らが「パックマン」となって等身大の迷路を歩くことができるというもの。

 「PAC IN TOWN」では仲間と共に、制限時間内に迷路内に散らばったクッキーを食べることを目指します。ゴーストを避けながらクッキーを拾うというおなじみのゲームシステムですが、現実世界とデジタルを融合させたMR技術を応用しており、ゴーグル越しに目の前にゴーストなどが映し出されて「パックマン」の世界に没入できるようになっています。


パックマン リアルなパックマン、はたしてどんな感じになっているんでしょうか

 そのほかにもナンジャタウンオープン時からの人気アトラクション「一網打尽!蚊取りパッチン大作戦」もMicrosoft HoloLensを使うことで大幅進化する予定。凶暴な蚊が目の前に迫ってくる演出や、両手を叩いて“衝撃波”を発生させることで一気に蚊を撃退できるなど、より爽快感のあるアトラクションに生まれ変わっているとのこと。


パックマン こちらもお忘れなく

 「PAC IN TOWN」は2月28日までの開催を予定。「一網打尽!蚊取りパッチン大作戦」は2月10日から3月31日まで開催予定となっています。

(大里ミチル)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう