ニュース
» 2018年02月08日 07時00分 公開

撮った服を測るだけで寸法付きの写真が完成 ネット出品に役立つIoTメジャー「ハカルノ」登場

画像上に寸法が直接書き込まれて、サイズを分かりやすく伝えられる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 服をネットで売るとき、写真と寸法データだけではサイズ感が伝わりにくいため、編集して寸法を写真に記入し、品物を分かりやすくアピールする人もいます。これにかかる撮影や測定、画像編集といった工程を一貫して行えるIoTメジャー「hakaruno(ハカルノ)」が、クラウドファンディングサイトのMakuakeに登場しました。入手に必要な支援金は、1つ1万5750〜1万9320円(税込)。


撮影 専用アプリで服を撮影してから測ると……

寸法 自動的に画像へ寸法が書き込まれる

 Bluetoothでスマホと接続できるメジャー。専用アプリで品物を撮影して測りたい部分を指定し、現物のサイズを測ると画像に測定結果が自動で書き込まれます。この画像を使って出品すれば各部の寸法が分かりやすく、閲覧するほうも手を出しやすいかもしれません。


撮影 品物を撮影

指定 測定する部分をドラッグで指定

測定 メジャーで現物を測ると、その結果が画像に反映される

 テイラーやショップの伝票作成にも応用可能。用紙を撮影して記入欄を指定したうえで採寸を進めれば、手間とミスを軽減しつつ伝票を仕上げられます。目盛りが5ミリ刻みのアパレル仕様なので、プロも普段の感覚で扱えるでしょう。


伝票撮影 伝票用紙を撮影

指定 記入欄を指定

採寸 採寸と伝票作成を同時に進められる

 測定結果を画像に付与できるツールと考えれば、植物の観察や赤ちゃんの成長記録といった使い方も可能。支援者への発送は11月中を予定しています。


植物
赤ちゃん 写真に日々の記録を加えるという使い方も


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう