ニュース
» 2018年02月08日 08時00分 公開

「プリキュア」無料配布DVDの転売に「恥を知るべき」「大人のすることではない」と非難 → バンダイの見解は

メルカリやヤフオク!ではおおむね1枚500円前後で取引されているようです。

[ねとらぼ]

 アニメ「HUGっと!プリキュア」の無料配布DVDがフリマサイトやオークションなどに大量出品されている件で、出品者に対し「恥を知るべき」「子どもがかわいそう」など非難の声が相次いでいます。キャンペーンの事務局担当の1社であるバンダイに、転売行為について聞きました。


プリキュア 転売 中には1人で10枚以上のDVDを出品しているアカウントも

 転売が問題視されているのは、アニメ1話を見て、劇中に出てくる「合言葉」を店頭で伝えるともらえる「HUGっと!プリキュア はじめてのDVD」。2015年の「Go!プリンセスプリキュア」放送開始時から実施されている恒例のキャンペーンですが、Twitterでの報告などを見るかぎり、今年はかなり早い段階で配布終了になってしまう店舗が多かったもよう。Twitterでは「もらえなかった」「配布終了してた」といった報告が相次ぎ、中には「開店からものの5分で終了」「あちこちで子どもギャン泣き」といったツイートもみられました。



 さらにその後、フリマサイトやオークションサイトに、問題の「はじめてのDVD」が続々と出品される事態に。価格はいずれも送料込みで500円前後と高くはありませんが、中には1人で複数枚、多い場合は10枚以上出品している人も。こうした“転売行為”に対し、Twitterでは「転売屋どっかいけよ」「大人のすることではない」「転売屋と転売してる奴この世から消滅しろ」など、厳しい声があがりました。


プリキュア 転売 ヤフオク!での検索結果

プリキュア 転売 特に出品数が多いのがメルカリで、画面をどこまでスクロールしても終わりが見えないほど

 一連の流れについて、バンダイ側の担当者に見解を聞きました。

―― 「はじめてのDVD」の転売が相次いでいることについて把握していますか。

担当者:一般のお客様から数件お問い合わせをいただいていて、把握しております。

―― 「すぐに配布終了してしまって手に入らなかった」といった声も多く見られますが、事務局としては転売行為についてどのように捉えていますか。

担当者:入手後の所有権はお客様側にあるため、こちらから規制することが難しいのですが、手にできなかったお客様のためにも、以下の対応をしております。

  • プリキュア公式YouTubeチャンネルで同じ映像を配信しています。
  • DVD配布終了後に配っている「デビューチケット」内で、公式チャンネルの内容を告知しております。
  • 告知とマニュアル上で「小学生以下対象/1家族につき1枚まで」としており、店頭での配布もこのルールにのっとって行うことを原則としております。


―― 今後バンダイ側で対応を行う予定はありますか

担当者:今後の対策は、関係各社と協議して対策として検討してまいります。




 バンダイの説明にもあった通り、実は「はじめてのDVD」の内容は、公式YouTubeチャンネルで公開中。わざわざフリマアプリなどでDVDを入手しなくても、動画視聴環境さえあれば映像は全て見ることが可能となっています。Twitterでもこのことを紹介し、「慌てて転売屋から買わないで」と呼びかける人も。どうやら少なくとも「転売屋のせいで映像が見られない」という心配はなさそうです。



 とはいえ子どもにとっては「番組を見て、あいことばを覚えて、店頭でそれを伝えて、DVDを手に入れる」というプロセスも大きな楽しみの1つであることは間違いありません。一連の騒動をまとめたTogetterには今も「子供を使って他の子供の笑顔を奪う。まさに悪の親玉」「子どもの笑顔奪って得た500円で食う飯は美味いか」など怒りのコメントが多く寄せられています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう