ニュース
» 2018年02月08日 12時58分 公開

男子生徒がスカート&リボンでもOK 千葉県の公立中学、LGBTに配慮した「男女とも自由に選べる制服」採用

もちろん、女子生徒のズボン&ネクタイも可能です。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 千葉県柏市に新設される公立校で、性別を問わずにスカート、ズボンなどが選べる制服が採用されます。学校関係者らの話し合いのもと、LGBTへの配慮として決定したもの。


男子生徒も女子生徒も、どれを着てもOK。なお、ボタンのデザインなど細部はこれから決定するとのこと(柏の葉中学校の資料より)

 2018年4月に開校する柏市立柏の葉中学校に導入される制服は、上着が男女ともにブレザー。スカート、ズボンのどちらを履くか、リボン、ネクタイのどちらを着用するかは、性別にかかわらず選択できるようになっています。

 柏市の学校教育課によれば、同市内の公立中学では「男子生徒は学ラン、女子生徒はセーラー服」と男女で分けるのが一般的。しかし、今回は学校が新設されることもあり、関係者や保護者がゼロベースで意見交換した結果、従来とは異なる制服になったそうです。

検討委員会の議事録にもLGBTへの配慮に関する記述が

 本人の意思に基づいて服装を選べるだけでなく、「性自認を周囲にカミングアウトするかどうか選べるように配慮している」とのこと。例えば、現在では女性がズボンを履くことは珍しくありませんが、男性がスカートを履くのは精神的な負担が大きい可能性が。学校側が制度的に認めたとしても、抵抗感から着用を避けてしまうかもしれません。このような考えから、男女ともに違和感なく着られるブレザーを採用した中性的なデザインに至ったといいます。

 なお、ネット上には「私服登校を認めて服装を自由に選べるようにすれば、このような工夫はいらないのではないか」という意見も見られますが、今回の制服採用はLGBT以外の問題についても考慮したもの。検討会の議事録には「(制服があれば)毎朝、服装を悩む必要がなくなる」「中学生としての自覚醸成に役立つ」「成長期の3年間にかかる衣服代を考えると、頻繁に買い換える私服より経済的」といった意見が見られます。



マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう