ニュース
» 2018年02月09日 08時00分 公開

1万年前の英国人、肌は褐色 骨のDNAを分析して顔を再現

今の英国人とは結構違う姿だったようです。

[ねとらぼ]

 英国で約1万年に生きていた人類の人骨から、当時の姿を再現する試みが行われました。青い瞳に褐色の肌と、現在の英国人とは異なる姿だったようです。

チェダーマン 再現されたチェダーマン

 復元が行われたのは、英サマセット州チェダー渓谷で1903年に発見された「チェダーマン」と呼ばれる男性の人骨。英国で発見された中で最古の、ほぼ完全にそろった人骨です。ロンドン自然史博物館とユニバーシティー・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究チームがこの骨からDNAを抽出し、頭部を再現しました。

 肌は褐色、青い瞳に焦げ茶色の髪の毛というのがチェダーマンの姿。これまでは彼の肌の色はもっと薄いと考えられていたそうです。この研究により、現在の欧州北部で特徴的となっている薄い肌の色は、これまで考えられていたよりもあとのものということが示唆されました。

 チェダーマンは中石器時代の狩猟採集民で、身長は166センチ、20代で死亡しました。種や木の実を取ったり、アカシカ、原牛(家畜牛の先祖にあたる野生のウシ)、淡水魚などを食べていたとされています。

チェダーマン チェダーマン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう