ニュース
» 2018年02月09日 11時56分 公開

アーケードゲームの認証用ICカード、仕様統一へ バンダイナムコ・コナミ・セガが合意

これまではゲームごとに各社のカードを使い分ける必要がありましたが、夏ごろから1枚で済むようになります。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 アーケードゲームのユーザー認証用ICカードの仕様統一について、バンダイナムコエンターテインメントコナミアミューズメントセガ・インタラクティブの3社が合意したことを発表しました。2018年夏ごろを目標に、各社の対応ゲームやIDサービスを1枚の「アミューズメントICカード」で利用できるようにするとのことです。


共通マーク 統一後に使われるアミューズメントICカードの共通マーク

イメージ 統一後は各社から「アミューズメントICカード対応」のカードが発売され、全IDサービスへアクセスできるように

 ICカードは、アーケードゲームのプレイヤーが成績などをIDサービスに記録できるもの。例えばカードを利用して「太鼓の達人」をプレイすると、取得した段位やどんちゃんの着せ替えアイテムなどを記録し、継続的に遊ぶことができます。これまではバナパスポート(バンダイナムコ)・e-AMUSEMENT PASS(コナミ)・Aime(セガ)を、各社が独自の仕様で展開していました。


イメージ バナパスポートでの例(太鼓の達人 イエローVer.公式サイトより)

 このうちバナパスポートとAimeは現時点でも相互利用が可能ですが、統一後はe-AMUSEMENT PASS対応機も含め1枚のカードで対応可能に。現在のカードが使えなくなるのか、新規にアミューズメントICカードを作ってデータを移行する必要があるのかといった詳細は未発表なので、今後の進展が待たれます。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう