ニュース
» 2018年02月17日 19時00分 公開

卒業制作のテーマは“BL×顔出しパネル”! 好きなものを堂々と発表したい――に挑んだ武蔵野美大生を取材 (1/2)

きっかけは教授からの「評価とか気にしないであなたの好きなことやらなきゃ!」という一言。

[戌田港,ねとらぼ]

 さまざまなボーイズラブ(通称:BL)のシチュエーションに遭遇した女子になりきれる、「BL顏出しパネル」が武蔵野美術大学の卒業制作展で展示され話題になっています。独特の世界観で「異空間て感じでめっちゃ楽しかった」「ロックな方面でインスタ映えできる」などの意見を集めた制作者を取材しました。


BL顔出しパネル 武蔵野美術大学の卒業制作展で展示され話題になった“BL顔出しパネル”

 「1/18-1/21武蔵野美大卒制展でボーイズラブの顏出しパネル展示してます」「これで卒業できるのか激しく不安ですが、作るの楽しかったので写真とか撮りに来てください 」とTwitterに投稿したのは、作者のバウハウジャーブルー(@snow_w_m)さん。

 教室でキスをする制服カップル、ベットでイチャコラするカップル、結婚式の主役カップル、卒業証書を片手に木の下で小指を結ぶカップルなどさまざまなシチュエーションのBL展開を大きなパネルで表現しました。ポイントはそんなカップルを見守っていたり、片方の男子に思いを伝えようとしてラブレターを持っていたりする女子の存在。顔の部分がくり抜かれているので、来場者自身が女子の気持ちになって“顔出し”することができます。これがモブ女というやつか……。


BL顔出しパネル パネルから顔を出せばモブ女子体験が可能

BL顔出しパネルはなぜ生まれた? 作者に聞いた制作秘話

 普段からBLものの二次創作をしているというバウハウジャーブルーさん。しかし、趣味でBL方面の活動をすることと、卒業制作という学生の集大成の作品でBLを扱うことではハードルが全く違ったはずです。ではこの顔出しパネルはどういういきさつで制作されたのでしょうか。ねとらぼ編集部はバウハウジャーブルーさんにお話を伺いました。

――卒業制作のテーマがBLで、しかも“顔出しパネル”というのはかなりユニークな発想だと感じました。普段からBL関係の作品を課題提出していたのでしょうか。

バウハウジャーブルー普段は趣味として二次創作のBLの漫画を描いていますが、課題として作ったのは初めてです。

――なぜ卒業制作にBL顔出しパネルを作ろうと考えたのでしょうか。

バウハウジャーブルー最初は、「顔出しパネルを自作したら楽しそうだな」くらいの感覚で中間講評(卒業論文の中間発表のようなもの)に臨んだのですが、講評で“顔出しパネルを作る”というプランが妙にウケてしまいました。それがプレッシャーで11月半ばまで何のパネルを作るかは決られませんでしたが、ゼミの担当教授から「あなたの好きなことなに!? 卒制でしょ? 教授の評価とか気にしないであなたの好きなことやらなきゃ!」と詰められ、私も正気ではなかったので、趣味で描いていたBLのイラストを教授に見せました。

――そのときの教授の反応は。

バウハウジャーブルー教授はそういう文化に造詣が深い訳ではないので、引かれるかと思ったのですが「いいじゃないですか、それでやったら?」と。そこで何かつき物が落ちたような感覚になり、そこから「それもそうだな! BL最高だし」と大急ぎでパネルを作り始めました。また制作理由の一つに、隠しがちなBLという趣味について、顔出しパネルから顔を出すように堂々と正面を向いて伝えたいという思いもありました。

――思い切りましたね。パネルの評価はどうでしたか?

バウハウジャーブルー講評のとき、教授陣に実際にパネルから顔を出していただいたのですが、「楽しかった」という言葉を頂きました。評価というよりその感想だったのが印象に残っています。来場者からは「ヤバい」「好き」という感想をよく聞きました。また「勇気がすごい」と絶賛してくださる方、「私メガネは受け派だから無理」という腐女子目線な感想をくださった方もいました。ちなみに自分の耳に入った中で一番人気のカップリングは机の上に座ってキスをしている二人です。


BL顔出しパネル 一番人気のシチュエーション「机でキス」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.