ニュース
» 2018年02月14日 10時09分 公開

バーチャルアイドル「ちゆ12歳」がバーチャルYouTuberデビュー バーチャル芸歴は17年の大ベテラン

インターネット老人会がざわつく。

[ねとらぼ]

 「バーチャルネットアイドル・ちゆ12歳」(以下「ちゆ12歳」)が、バーチャルYouTuberデビューしました。「ちゆ12歳」は“バーチャルネットアイドル(という架空のキャラクター)がサイトを運営する”という形態が人気を博したテキストサイト及びキャラクター名のこと。2001年の2月14日に活動を開始していたため、バーチャル芸歴は17年という大ベテラン(?)となります。


ちゆ お久しぶりです(YouTubeより)

 サイト上の発表によると、ファンアートや動画を作ってもらえるバーチャルYouTuberにあこがれ「いまからYouTubeデビューしたら実質的にバーチャルYouTuber」という考えのもとYouTuberデビューに至ったそうです。YouTubeチャンネルには既に4本の動画を投稿済みで、今後も昔の記事の動画化を進めていく予定としています。


ちゆ YouTubeより)

 投稿されている動画は「週刊少年ジャンプの『黄金期』はいつなのか?」「B級映画紹介・7分でわかる『エイリアン・ビキニの侵略』」など、オタク・サブカルの分野を得意とした「ちゆ12歳」らしい内容。声は肉声やボイスチェンジャーなどではなく、音声読み上げソフトを使用しているようです。

 2000年代初頭のテキストサイト全盛期に活躍した象徴的存在だっただけに、一時Twitterでは「ちゆ12歳」「インターネット老人会」がトレンド入り。「夢でも見ているようだ」「ヤバいぐらい戦慄してる」などのコメントが寄せられています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう