ニュース
» 2018年02月16日 08時00分 公開

スタバの店舗以外でもスタバのコーヒーが飲める新サービス本格開始 スキー場に店舗も

オフィスでもスタバ、スキー場でもスタバ。

[林美由紀,ねとらぼ]

 スターバックスが、スタバのドリンクを自社の店舗以外でも提供する取り組み“We Proudly Serve Starbucks”を本格スタートした。


スタバ白馬1 白馬のスキー場に「We Proudly Serve Starbucks」の店舗が

 この取り組みは、スターバックスがビジネスパートナーと商品供給契約を結び、店舗と同じコーヒー豆を使用し、専用のマシンで抽出することで、スターバックス店舗外でもエスプレッソなど本格的なコーヒーを提供するというもの。出店が難しい企業内のカフェテリア、レジャー施設などで商品を提供できるようになるという。

 既に数社のオフィスで導入されている他、2月15日には白馬観光開発と提携して、白馬八方尾根スキー場(長野県白馬村)内に、スターバックスのコーヒーを提供する店舗「八方うさぎ平カフェ」をオープンした。クローズドなオフィスではなく、誰でも購入できる場での取り組みは八方うさぎ平カフェが国内初という。


スタバ白馬店内 カフェの店内はこのようなイメージ


スタバ白馬マシン コーヒー豆やカップ類、マシンも全てスターバックスと同じもの


スタバ白馬メニュー ここがスキー場とは思えない

 同カフェでは、コーヒー以外にも、ディッピンドッツ・アイスクリームやオリジナルクッキー、マフィンなどの商品も提供される。国内のみならず海外のスキーヤーやスノーボーダーからも人気の高い白馬八方尾根スキー場。白馬村の町並みを見下ろす標高1400メートルの大自然の中で飲むスターバックスのコーヒーはまた一味違うのかもしれない。


スタバとスノボ スノボとスタバと私

八方うさぎ平カフェ

場所:白馬八方尾根スキー場内、うさぎ平テラス1F

営業時間:8:30〜16:00

アクセス:八方尾根ゴンドラリフト「アダム」乗車約8分、うさぎ平駅下車(山頂駅)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう