ニュース
» 2018年02月16日 10時30分 公開

アジアン・中華雑貨「大中」、最後の原宿店が3月末に閉店 利用客「青春の一部がなくなる感じで寂しい」

パンダのグッズで人気を博した個性派雑貨店。

[Kikka,ねとらぼ]

 アジアン・中華雑貨専門店「大中」の原宿店が3月末をもって閉店することを発表しました。個性派雑貨で人気を博した「大中」ですが原宿店が最後の実店舗で、2月17日からは閉店セールが行われます。


大中 閉店 大中原宿店による閉店のお知らせ

 「大中」はダイエーグループが1972年に大阪・京橋で1号店をオープンさせたのち、十数店舗を展開。「心が躍るポップなおもちゃ箱」をコンセプトに、パンダをモチーフにしたキャラクターグッズなどが人気に。


大中 閉店 人気を博したパンダモチーフのキャラクターグッズ

 しかしその後業績の悪化などもあり、親会社が現在の運営会社マルシェガーデンに変更。2018年2月現在、実店舗は原宿店のみとなっていました。

 閉店のお知らせについては2月15日に公式Twitterにて発表され、利用客からは「閉店は寂しすぎます」「青春の一部がなくなる感じで寂しい」「大好きなお店だったのでショックです」と惜しむ声が多数上がっています。

 ねとらぼ編集部の取材に対してマルシェガーデン担当者は「競合雑貨店の中で戦ってきたが、今後の(実店舗以外での)業態については現在のところ計画していない」と語りつつ、「2月17日からは原宿店にて店内の商品を20%から70%オフ(一部除外あり)にするセールを行う予定。閉店までの間にぜひ遊びにきていただきたい」と話しました。

画像提供:マルシェガーデン

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう