ニュース
» 2018年02月17日 20時00分 公開

激しい愛情表現がまたうれしい 「動物が苦手だった人間が犬と家族になってわかったこと」に「わかる」「泣いた」の反響

最高に愛おしい家族です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 さまざまな漫画をTwitterで投稿している(関連記事)漫画家の道雪 葵さんが「動物が苦手だった人間が犬と家族になってわかったこと」を描いて多くの共感の声を集めています。



 漫画で表現されたその“わかったこと”では、まずコップをちゃんちゃんと鳴らして飼い主さんに水が飲みたいと伝えたりと、「思ったより言いたいことがわかる」という点。次に、おやつを買ってきたよと話すとパァッと笑顔になるように「表情が豊か」。さらに飼い主さんが着替えたのを散歩の合図だと思ってついてくるなど、「誤解を解くのが大変」といった愛犬あるあるが。どれも分かる!


動物が苦手 犬 家族 わかったこと 漫画 ワンちゃんの表情の豊かさは本当に和みます

 そして「家族が悲しんだり具合が悪くなると心配してくれる」と、病気で寝ている飼い主さんに寄り添う愛犬の姿に、最後は「家に帰るだけで世界で一番喜んでくれる」と、帰ってきたことに気付いて迎えに来て、ペロペロと激しい愛情表現をするワンコの姿が描かれています。確かにあんなに喜んでくれるのは世界で一番かも……!


動物が苦手 犬 家族 わかったこと 漫画 帰宅を世界で一番喜んでくれる家族……!

 漫画には「分かる」「犬が好きな理由が全てここにある」といったたくさんの同意と共感の声と一緒に、以前飼っていた愛犬を思い出したり、その幸せな日常を思っては「涙が溢れてきた」と心にきた人の声も上がるなど話題になっています。

 ちなみに道雪先生は愛犬とは「もう12年くらいの付き合いになります」とのことで、いつまでも変わらないお互いの愛情の深さが漫画の光景から伝わってくる、そんな温かさをおすそ分けしてもらったような投稿でした。




画像提供:道雪 葵(@michiyukiaporo)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう