ニュース
» 2018年02月17日 12時58分 公開

藤井聡太五段、羽生竜王に朝日杯将棋オープン戦で勝利 佐藤名人を破って実現した公式戦初対局

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 第11回朝日杯将棋オープン戦で、藤井聡太五段が羽生善治竜王を破り、決勝進出が決定しました。両棋士は公式戦初対局。




藤井聡太、羽生善治に公式戦初対局で勝利 感想戦に望む藤井聡太五段、羽生善治竜王(ニコニコ生放送より)

 朝日杯将棋オープン戦は、朝日新聞社らが主催する持ち時間40分のトーナメント戦。藤井五段は澤田真吾六段、佐藤天彦名人を破り、2月17日午前に行われた準決勝で、羽生竜王との初の公式戦が実現しました。

 両棋士はこれまでに非公式戦で2回戦っており、互いに1勝1敗。今回の対局では後手番・羽生竜王が119手で投了し、藤井五段が勝利しました。

 決勝では藤井五段と広瀬章人八段が対局。同日14時半から行われる予定です。


藤井聡太、羽生善治に公式戦初対局で勝利 朝日杯将棋オープン戦 トーナメント表(ニコニコ生放送より)

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう