コラム
» 2018年02月19日 11時00分 公開

全盛期の藤川球児選手と、ホームランバッター以外いなくなる? 「月面で野球をしたらどうなるのか」物理学で妄想してみた

月面からの試合中継、めっちゃ見たい。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 アポロ11号で、人類が初めて月に降り立ったのは1969年7月。この記事を書いているのが2018年2月だから、あと1年半ほどで半世紀がたちます。

 近年の月面調査は無人探査機によるものが主流となっていますが、報道各社によれば、トランプ大統領は月面基地建設にGOサインを出しており、有人での月面着陸が再び見られる日はそう遠くないかもしれません。

 ところで、かつてのアポロ計画で、月面でゴルフをした宇宙飛行士がいたことをご存じでしょうか。アポロ14号に搭乗したアラン・シェパード船長その人です。

 時代は21世紀なのですから、もっといろいろなスポーツが月面でできるのではないか、と妄想しつつ……今回は野球を月でやったらどうなるか考えてみます。ムーン・リーグ、略してム・リーグ開幕!

月面の環境

 まず、月面がどのような環境なのか確認しておきましょう。

 重力の大きさは地球の6分の1。ちょっとのジャンプでフワッと浮く夢の空間です。

 また、大気は無いに等しいほど薄いので、空気ボンベは必須です。

 野球をする場合、この2つが大きく影響すると思われます。裏を返せば、それ以外はほとんど地球と同条件のはず。

投手:みんな「火の玉ストレート」を投げるようになる?

 野球のプレーは、投手がボールを投げるところから始まります。プロの場合、10インチ(25.4センチ)の高さのマウンドから60.5フィート(18.44メートル)先の捕手に目がけて投げます。少し高いところから出発したボールが、緩やかに落ちながらミットに収まるわけです。

 そこで問題になるのが、6分の1しかない重力。同じ距離から同じように投げた場合、自然落下が少ない分かなり高い位置で捕手の元に届いてしまいます。しっかり調整しないと、四球を量産することになりそうです。

 また、空気抵抗がないため、球はそれほど減速しません。Baseball LABによれば、プロの投球の初速と終速を比較すると約92%まで減速するそうですから、打者はかなり速く感じるはずです。

 さらに、変化球はボールの回転により生じる空気の流れで軌道が曲がるので、月では変化球が役に立たないと考えられます。きっと直球勝負が増えるのではないでしょうか。重力の影響でボールの落下も少なくなるので、全員が藤川球児投手(阪神タイガース所属)の代名詞「火の玉ストレート(※)」のような球が投げられるようになるかも……?

※ 他の投手のストレートに比べて、落下が小さいことなどから「浮き上がるように見える」「ストレートが来ると分かっていても打てない」と評された

打者:飛距離1キロ越えが連発する?

 打球の変化についても考えてみましょう。

 空気抵抗を考えない単純な状況では、打球は放物線を描いて飛んでいきます。重力が6分の1だと、打球の到達高度、飛距離、打球が着地するまでの時間はそれぞれ6倍になります。

空気抵抗を全く考えない場合の打球の軌道。到達高度、滞空時間、飛距離はいずれも分母に重力加速度gがくるので、これが6分の1なら全体は6倍になる

 しかも、地球上の野球の場合だと空気抵抗で球速がかなり落ちるので、実際の差はさらに大きくなります。月では空気抵抗がまったく生じないと仮定すれば、打球は水平から45度上向きに打ち上げたとき最も長く飛びます(※)。

※空気抵抗がある場合、45度より少し低い角度で打ち上げないと飛距離が伸びない

 日刊スポーツによれば、2016年の横浜DeNAベイスターズにおける平均打球速度(打った瞬間の打球の速さ)は、約時速160キロ。これを元に考えると、月面野球ではなんと1210メートルも打球が飛ぶ計算に! 文字通り、桁違いなホームランバッターが続出しそうです。

ただし、球場が巨大化してしまう可能性が……

 日本のドーム球場は中堅方向の距離が約120メートルなので、ホームラン数を適正にするならば、その10倍、面積比で100倍の大きさのフィールドでプレイする必要が。

 この場合、塁間距離も274メートルに伸びてしまうため、走塁がちょっとした中距離走になります。守備も大変そうだし、9イニングも体力持つかなあ……。

 また、本塁とマウンドの間も10倍にすると、その距離は184メートル。先ほど、火の玉ストレートが投げられる可能性について言及しましたが、巨大な球場のせいでやっぱり無理そうです。もっと言えば、遠過ぎてストライクゾーンがよく見えないおそれがあり、普通に投げるだけでも難しいかもしれません。


 いろいろ考えてみましたが、月で野球をやろうとすると、案の定おかしなことになるもよう。重力と空気抵抗の小ささから、超豪快なプレーが連発するエキサイティングなスポーツになるはずなのですが、地球向けのルールをそのまま持ち込むのは厳しそうです。盛り上がると思うんだけどなあ、ム・リーグ……。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう