ニュース
» 2018年02月19日 08時30分 公開

高所恐怖症なら気絶するレベル ビル最頂部から真下をのぞける新アトラクションが日本一高いビル「あべのハルカス」に登場

怖すぎる……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)は、展望台「ハルカス300」に断崖絶壁のスリルを体験できるアトラクション「EDGE THE HARUKAS」を3月7日にオープンすると発表しました。


あべのハルカス アトラクション EDGE THE HARUKAS 「EDGE THE HARUKAS」イメージビジュアル

 地上300メートルという高さの同ビルの最頂部に、大人1人が歩ける60センチ程度の幅のデッキ部を新設。そこを命綱を装着して約20メートル歩くというスリル満点のアトラクションで、超高層ビルから縁ギリギリに立ってその真下をのぞける他、さえぎるものが何もない状態で360度の絶景が見渡せるこれまでにない体験が可能です。



あべのハルカス アトラクション EDGE THE HARUKAS ビルの最頂部の縁に新たに設置されます

 利用制限として身長145センチ以下(または200センチ以上)の人は参加不可で、価格は参加料と記念写真1枚・写真データ込みで一人につき1000円。開催時間は10時〜18時までで、雨天時や降雪時、荒天時には中止となります。

 「EDGE THE HARUKAS」オープンの日に開業5年目を迎える「あべのハルカス」は、新アトラクションにより展望台「ハルカス300」の高さ・絶景・楽しさに“驚き”の体験を新たに加えることで、新規およびリピーターの来場を促進。より賑わいにあふれた空間を創出したいとしています。


あべのハルカス アトラクション EDGE THE HARUKAS 「EDGE THE HARUKAS」ロゴ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう