ニュース
» 2018年02月19日 20時00分 公開

その日、日本が震えた ハッシュタグ「ヘルシェイク矢野のこと考えてた」とは何なのか

ヘルシェイク矢野について考えながら書きました。

[コンタケ,ねとらぼ]

 現在Twitterで、ハッシュタグ「#ヘルシェイク矢野のこと考えてた」が長時間トレンド上位に入っています。一体ヘルシェイク矢野とは誰なのか、一体なぜみんなこの人物について考えているのか。その熱いストーリーをご紹介いたします。


ポプテピピック ヘルシェイク矢野のこと考えてた AC部 ヘルシェイク矢野とは

 「ヘルシェイク矢野」が出てきたのは、2月18日に放送されたテレビアニメ「ポプテピピック」7話。この回では、普段「ボブネミミッミ」のコーナーを担当している「AC部」がメインとなり、「ヘルシェイク矢野」という話を放送しました。




ポプテピピック ヘルシェイク矢野のこと考えてた AC部 ヘルシェイク矢野

 原作漫画では1コマ名前と顔が出てきただけの「ヘルシェイク矢野」ですが、AC部はこのストーリーを深掘り。なぜ矢野が「ヘルシェイク」の異名で呼ばれるようになったのか、その伝説的なライブの1日をAC部特有のスケッチブックを使った高速紙芝居で演じ、そのことについて考えていたピピ美がポプ子の問い掛けに「ごめん、ヘルシェイク矢野のこと考えてた」と受け答えるという内容でした。

 この原作を大幅に膨らませた内容とAC部の高速紙芝居テクが、多くの視聴者を魅了。タニタやコナミなど企業公式アカウントを始め、多くの人が仕事や勉強中に「ヘルシェイク矢野のこと考えてた」と投稿しています。



































 ああ、武道館を1人で沸かせたヘルシェイク矢野は、すごい男です。まさに生きる伝説。武道館での1日は、今後も語り継がれていくことでしょう。\ヘールシェイク!/ \ヘールシェイク!/

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう