ニュース
» 2018年02月21日 22時33分 公開

「シリア難民のためにPCゲーマーの力を貸して!」 ユニセフがマイニングに協力するゲーマーを募集し話題に

PCゲーマーの力が世界を救う……かもしれない。

[ねとらぼ]

 国際連合児童基金(ユニセフ)は、仮想通貨のマイニングを通じてシリア難民を救うプロジェクト「Game Chaingers」を2月2日に開始しました。高スペックなGPUを持つゲーマーにマイニングを呼びかけ支援につなげるもので、Twitterでも注目を集めているようです。

 「Game Chaingers」は協力者のPCにマイニング用ソフトをインストールしてもらい、協力者のPCでマイニングされた仮想通貨「イーサリアム」がユニセフに送付される仕組み。現在880人ほどが参加しており、マイニングによって得た仮想通貨は子どもたちの水や教育に充てるとしています。


Game Chaingers ユニセフ (以下、画像はGame Chaingersより)

 eスポーツコミュニティーのゲーマーをターゲットとしたこのプロジェクトは2月2日に開始したプロジェクトですが、Twitterで「オタクとしては乗らざるを得ない」と紹介されたことを受け拡散。「新しい時代を感じる」「新しい技術が世のために使われるのは見ていて気持ちいい」と話題を呼んでいます。


Game Chaingers ユニセフ 現在は880人ほどがマイニングに参加

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう