コラム
» 2018年02月22日 11時00分 公開

どれくらいの威力で豆まきしたら、“物理的に”鬼が倒せるのか

そんな装備(豆)で大丈夫か……?

[ねとらぼ]

 「鬼は外、福は内」などの掛け声とともに豆を投げる、節分の豆まき。春の行事として行われていますが、子ども心に「鬼はめちゃくちゃ強いはず。豆なんかで追い払えるわけがない」と思っていた人も多いのでは?

 そんな素朴な疑問に答えるべく、今回はどれくらいの威力で豆を投げたら“物理的に”鬼が倒せるのか、物理エンジンで検証してみました。

こーじ

こーじ

物理エンジン(Unity)で、シミュレーションして動画にしています!

Twitter:@PhysicsKJ/YouTubeチャンネル:こーじ


何粒の豆を時速何キロで投げたら、“物理的に”鬼が倒せる?

 豆まき用の大豆を入手し調べてみたところ、1粒あたりの重量は0.3グラム。卵やラグビボール同様、伸びた球のような形状をしており、大きさは長いところでも1.5センチ程度でした。このデータを元に「何粒の豆をどれくらいの速度で投げたら、直立している鬼が倒れるのか」をシミュレーションしてみます。




一握り分は44粒でした


改めて確認してみると、とても小さい節分の豆。「鬼相手にそんな装備で大丈夫か?」と思う方が自然かもしれません

 ちなみに、鬼の体重は55キロと想定。総務省のデータによれば、15歳男子の平均体重が57.2キロ(2012年)あり、金棒を持った怪物にしては軽過ぎるような気もしますが、検証のうえではある意味、問題ありませんでした。というのも、この程度の体格ですら豆がまったく効かなかったのです

 一握り分(約45粒)の豆を時速18キロ、時速360キロで投げてみたところ、鬼はビクともせず。豆の数や重量を10倍にするなどしても、結果は変わりませんでした。ぐぬぬ、鬼の設定が適切かどうか以前に、豆が弱過ぎて話にならん……。


秒速5メートル(時速18キロ)で投げてみると……


効き目なし




時速360キロでも効きません


豆の量や重さを変えてもダメ。ぐぬぬ

 そこで、投げる豆のモデルを「世界一大きな豆」として知られる藻玉の豆に変更することに。これは熱帯、亜熱帯の地域で見られる植物で、直径5センチほどの豆が詰まったさやは、1メートルほどの長さになるとか。

 直径5センチ、重量12グラムに改めた豆のモデル440粒を時速360キロで投げつけると、鬼はついにバランスを崩して地面にパタリ。やったー! 巨大な豆を新幹線みたいな速度で大量にぶっ放せば、鬼(と仮定した、中学生男子くらいの重さのモデル)が倒せることが分かったぞー(白目)。


これならいけるか……!?


いっけええええええ!!






いろいろ無理な設定も多かった気がしますが、鬼を物理的に倒せたぞー!

 元も子もない話をすると、豆まきには「大豆を投げつけて、鬼の目をつぶした」という伝承があるとか。今回の検証はスピードや重量などからくる豆の威力をテーマにしていましたが、本当に重要なのは、的確に急所に当てるコントロールだったのかもしれません。なお、同じことを人間にすると、たとえ弱く投げたつもりでも大けがにつながる可能性が。豆まきが災厄の原因にならないよう、ご注意ください。

こーじYouTubeチャンネル

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう