コラム
» 2018年02月22日 11時00分 公開

【マンガ】夜のお菓子こと「うなぎパイ」は本当にエッチな食べ物なのか?

[ねとらぼ]

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

夜のお菓子こと「うなぎパイ」は本当にエッチな食べ物なのか?



解説

 静岡県浜松市のお菓子「うなぎパイ」といえば、「夜のお菓子」という何だか意味深なキャッチコピーで有名。「精力増強の効果があるエッチなお菓子」「いや、本当は違うらしい」と相反するうわさがありますが、どちらが正しいのでしょうか。

 製造元である春華堂の公式サイトによれば、うなぎパイが誕生したころ、日本は高度経済成長の真っ只中。夕食の一時は、忙しい家族が顔を合わせられる大切な時間とされていたそうです。これを背景に考案されたのが、「夜のお菓子」というフレーズでした。

 「夜」は一家団らんを象徴する表現だったわけですが、当時の浜松市が夜の街として栄えていたことなどから、あらぬ方向に勘違いしてしまう人が続出。真意が理解されず、メーカー側にとっては困った話……かと思いきや、むしろ精力剤を参考にしたパッケージカラーを採用することで、売上を伸ばすことに成功したそうです。

 このような経緯を考えると、「うなぎパイ=エッチなお菓子は○か×か」はかなりの難問。「メーカー側が誤解という名のビッグウエーブに全力で乗っちゃったから、今となってはよく分からん」と答えるしかないのかもしれません。


公式サイトトップページの「うなぎパイ」。エッチな印象を与えない見せ方ですが……


イメージポスターは、むしろ誤解を促しそうなデザイン(Webサイトより)

参考


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう