ニュース
» 2018年02月22日 12時00分 公開

座席指定列車 S-TRAINに「子連れファミリー専用」車両、期間限定で指定券を無料配布 (1/2)

「帰りはゆったり座って」子どもとのお出かけに便利。

[agar,ねとらぼ]

 西武鉄道と東京地下鉄(東京メトロ)は2018年3月28日と29日の2日間、両社が運行する座席指定列車「S-TRAIN」の一部車両を「ファミリー専用車両」として運行すると発表しました。

S-TRAIN S-TRAIN

 S-TRAINは、西武鉄道、東京メトロ、東京急行電鉄、横浜高速鉄道の4社が運行する通勤型車両を使った有料の座席指定列車(関連記事)。平日は所沢駅〜豊洲駅間、休日は西武秩父駅〜元町・中華街駅間を運行し、例えば「帰りはゆったり座って」といった平日の通勤客や休日の行楽や家族層の需要をカバーします。今回のファミリー専用車両はこのS-TRAINの特長や設備を生かす新たな施策として、利用条件を子ども連れの家族に限定して展開するものです。

 運行は2018年3月28日と29日、区間は東京メトロ有楽町線豊洲駅から西武池袋線所沢駅まで。10両編成のうち最大2車両をファミリー専用車両とし、同日に東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催される「かぞくみらいフェス2018」の東京メトロブースで該当号車の指定券を無料配布します。配布対象は小学生以下の子どもと一緒の家族。なお行き先までの乗車券は別途購入が必要です。

 停車駅は有楽町線豊洲駅(18時発)、有楽町駅(18時07分発)、飯田橋駅(18時16分発)、西武池袋線石神井公園駅(18時41分着)、保谷駅(18時46分着)、所沢駅(18時57分着)です。

所沢寄りの3号車・4号車がファミリー専用車両となります 所沢寄りの3号車と4号車がファミリー専用車両になる

 S-TRAINは全席指定席で座って帰れることに加え、ベビーカーを持っていても利用しやすい「パートナーゾーン」や「おむつ交換台」を完備したトイレなど、子ども連れでも過ごしやすい設備を整えるのも特長。今回はかぞくみらいフェス2018に来場した家族限定ですが、定期運行の実現にも期待です。

車内トイレにはおむつ交換台も完備 車内トイレにはおむつ交換台も完備
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.