ニュース
» 2018年02月22日 16時19分 公開

クリップ、誕生100年で初めて「軽く開けるように」改良 なぜこのタイミング? 「固いのが不便という自覚なかった」

固定概念を覆す、世界初の改良――開発したプラスに取材した。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 「なぜ今まで気付かなかったんだ」「盲点だった」――誕生から100年以上たつ文房具「ダブルクリップ」から、世界で初めて“開く力を軽減した新機構”が登場し、ネットで驚きの声を集めている。3月1日にプラスが発売する新商品「エアかる」だ。なぜ固定概念を打ち壊す構造が開発できたのか、プラス広報部に取材した。

エアかる ダブルクリップ 新機構 固い 開く 力 プラス 「エアかる」

エアかる ダブルクリップ 新機構 固い 開く 力 プラス ダブルクリップ出典:米国特許商標庁(特許番号US1139627)

 ダブルクリップは銀のレバーを使って「てこの原理」で本体のクリップを開き、書類を挟む文房具。アメリカ人のルイス・エドウイン・バルツレーさんが発明し、1915年に米国で特許登録して以降、日本を含めて世界で広く製造販売されてきた。

 一方で「開くのに力が必要」「加減を間違えてパチンと弾け飛ぶときがある」など、“開くときの固さ”という難点を抱えていた。持ち手の形などちょっとしたマイナーチェンジは繰り返されてきたが、基本的な構造はほとんど変わらず“固さ”もそのままになっていた。

 しかしプラスの「エアかる」では、従来品に比べて開く力を最大約50%削減(※)しながら、挟む力はそのままという構造の開発に成功。本体のクリップ部分に突起を作り、支点の位置を作用点(挟む部分)に近づけ、さらにレバーをより長くして力点(手を置く位置)と支点の距離を長くし、「てこの原理」がより効果的に働くように。軽い力でクリップが開けるようになった。

※「エアかる」の各サイズで省力率は異なり、大は50%、中は40%、小は30%となる。

エアかる ダブルクリップ 新機構 固い 開く 力 プラスエアかる ダブルクリップ 新機構 固い 開く 力 プラス 従来のダブルクリップ構造と「エアかる」の構造の比較(左)。グリップ部分もフラットになった

 プラスでもダブルクリップ製品は60年前から販売していたが、特に「開くときの固さ」に着目した商品は開発してこなかった。しかも「エアかる」は着想から発売までわずか1年と短く、開発が無理難題だったわけではなさそうだ。どうしてこのタイミングで「開くときの固さ」を改良することになったのか。プラス広報部は次のように話す。

 「現在、一般のオフィスでは書類の保管スペースが減少しており、書類を長期ではなく一時的に保管する傾向にシフトしてきています。それに伴い手軽に書類をまとめるダブルクリップの需要が拡大していたので、従来のダブルクリップに何かご不便、ご不満はないかあらためてユーザー調査を行ったところ、クリップを開く時の固さと指の痛さに対してのご不満がありました。そうした不満を解決できる製品を開発したいというところがきっかけとなりました」

 クリップの固さについて長年気付けなかったのはなぜなのか。

 「これまで特にお客様からクレームをいただくこともなかったため、不便だという自覚がありませんでした。もともと従来のダブルクリップが『手軽に挟んでまとめて手軽に外せる』機能として完成度が高かったため、そうした利便性が『固い』という潜在的な不満よりも勝っていたのだと思います。だからこそ他社製も含め、100年以上その形状が大きく変わることなく多くの方に利用されてきたと考えております」

 その知名度や汎用性の裏側で、業界でも消費者でも不便さが常識になっていたダブルクリップの固さ。自社調査をきっかけにそこをうまくすくい取ったプラスには、「既存の考えにとらわれていた」「握力が弱いのでこれは普通にうれしい」とネットで感心や称賛の声が寄せられている。

 「エアかる」は全国の文具店、量販店、ネット通販等で販売予定。サイズは大・中・小の3タイプ、各10個入りで希望小売価格は大450円、中350円、小300円(いずれも税別)となっている。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう