ニュース
» 2018年02月23日 08時00分 公開

どれくらい小さいのか見てみたい ミニチュア写真家・田中達也さんの展覧会、京都高島屋で開催

朝ドラ「ひよっこ」のタイトルバックやジオラマも展示します。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 ミニチュア写真家・田中達也さんの展覧会「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」が、4月11日〜22日に京都高島屋で開催されます。

MINIATURE LIFE展 「新パン線」(写真とミニチュアを展示)

 田中さんは身の回りのものを何かに見立てた写真作品を2011年からTwitter(@tanaka_tatsuya)Instagram(tanaka_tatsuya)で発表。見慣れているはずの日用品にジオラマ用の人形を組み合わせることで、思わず「くすっ」と笑ってしまうような新しい世界を作り出しています。

MINIATURE LIFE展 「カウンターテープル」(写真とミニチュアを展示)
MINIATURE LIFE展 「春色に衣替え」(以下3作品は写真を展示)

 会場には写真作品約110点とミニチュア作品約40点を展示。動くミニチュア「新パン線」や、2017年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックを再現したミニチュア作品、ひよっこの街をイメージしたジオラマなどを見ることができます。

MINIATURE LIFE展 「自分を曲げずにまっすぐ伸びよ」
MINIATURE LIFE展 「新緑抹茶御苑」

MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界

会期:4月11日〜4月22日

会場:京都高島屋7階グランドホール(京都市下京区)

入場時間:10時〜19時30分(20時閉場) ※最終日は16時30分まで(17時閉場)

入場料(税込):一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料 ※18時以降入場の場合半額


(C)Tatsuya Tanaka



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう