ニュース
» 2018年02月23日 10時00分 公開

カラーとドワンゴが新会社「バカー」設立 庵野秀明・川上量生が取締役、中村光一が相談役に就任

社名はギリシャ語で“詰め物”の意味。

[ねとらぼ]

 カラーとドワンゴの共同出資による新会社「バカー(βακα)」が設立された。


画像

 「ニコニコゲームマガジン」(※)の運営メンバーが中心となり、カラー・庵野秀明氏、ドワンゴ・川上量生氏によるサポートのもと、「インディーゲーム」を中心とした個人によるコンテンツ開発の支援と、国内外へのコンテンツ展開を手掛ける。

※2015年にドワンゴが創刊したPC向け自作ゲームの連載企画。2016年に「電ファミニコゲームマガジン」に改称。「殺戮の天使」「被虐のノエル」などヒット作を生んだ。

 社名のβακαは、ギリシャ語で“詰め物”の意味。同社いわく「インターネットの登場以降、コンテンツを盛る容器の数・種類は爆発的に増えましたが、何を詰めるべきかは見えないままです。私たちはそれこそを考え続けます」とのこと。


画像 Webサイトのトップを飾るのは、歌川国芳による「巨大な鯨に挑む1人の人間・宮本武蔵」 現代のコンテンツ産業において同社が目指す姿

画像 会社概要

 代表取締役はドワンゴ出身の斉藤大地氏。取締役に庵野秀明氏と川上量生氏、相談役に「ドラゴンクエスト」や「不思議のダンジョン」シリーズを手掛けた中村光一氏が就任する。

 設立に伴い、同社では編集者などの人材募集を開始。インディーゲームの新人賞作品も募集している


画像 同社のメインコンテンツ「殺戮の天使」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう