ニュース
» 2018年02月24日 13時30分 公開

「ポケモンGO」アクセス集中で通信障害 本日開催のコミュニティ・デイは時間を延長

ミニリュウ……。

[Kikka,ねとらぼ]

 スマートフォン用アプリ「Pokemon GO」(ポケモンGO)で2月24日、アクセス集中による通信障害が発生。公式Twitterが同日開催のイベント「コミュニティ・デイ」について「時間を延長」すると発表しました。

 「ポケモンGO コミュニティ・デイ」とは、月に一度、ある特定のポケモンが大量に発生する特別なイベント。普段野生で捕まえる際には覚えていないような特別な“わざ”を覚えたポケモンが、その日の僅かな時間にだけ多数出現します(関連記事)。


ポケモンGO 本日開催のコミュニティ・デイではミニリュウが大量発生する予定

 2月は24日が「コミュニティ・デイ」の開催日で、12時から15時までの間、ミニリュウが大量発生する他、イベント開催時間内にカイリューへ進化させることにより、特別なわざ「りゅうせいぐん」を覚えると告知していました

 なおこの通信障害はアジア太平洋地域全体で発生しているとみられており、現在のところ、時間延長以外に公式的なアナウンスは行われていませんが、ユーザーからは使用したアイテムを返してほしいなど、不満の声が上がっています。


ポケモンGO 第一回ではピカチュウが「ピカチュウのサマービーチ」をモチーフに“なみのり”のわざを覚えてくれた

画像:ポケモンGO公式サイトより

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう