ニュース
» 2018年02月26日 10時00分 公開

どこにでもある「赤い円錐」からもう目が離せない 「三角コーン写真集」の制作を目指すクラウドファンディングが進行中

もう、三角コーンを無視できなくなる?

[エンジン,ねとらぼ]

 工事現場をはじめ、日常のさまざまな場所で見かける「三角コーン」を主役とした写真集の出版に関するクラウドファンディングがCAMPFIREにて実施されています。


コーン写真 写真集の主役は工事現場のあいつ!?(CAMPFIREより)

 このプロジェクトを立ち上げたのは、アートプロデューサーの谷口純弘さん。「コーン写真家」というユニークな肩書きを自称し、「三角コーンのある風景」をテーマに2010年より三角コーン写真の撮影を開始。今回のクラウドファンディングは、これまでに2000枚以上撮影したという作品を収めたコーン写真集「cone and the city」の印刷費獲得と、コーン写真の認知度向上が主な目的とのことです。

 ちなみに今回出版が予定されている写真集は、谷口さん曰く「2号」。1号は300部限定印刷で、これまでにイベント会場や展覧会などで販売されたそうです。


コーン写真 コーン写真家の谷口さん(CAMPFIREより)

コーン写真 これまでに多数のコーン写真を撮り続けてきた谷口さん(谷口さんのFacebookページより)

 「コーンはコーンなに面白かった」と述べる谷口さんの撮影したコーン写真はいずれも個性的です。万博記念公園やエッフェル塔の真下、そのほかさまざまな場所でモデルとして佇む三角コーンはいい塩梅の写り映えで、中でも数え切れないほどの三角コーンを一カ所に並べて撮影したアートインスタレーションはとても新鮮な光景。どこでも見かけるはずの赤い円錐が、何やら神秘的なものにすら見えてきてしまいます。出版予定の写真集には、さまざまなシチュエーションのコーン写真が66ページ分、カラーで収録されます。


コーン写真 三角コーンfeats太陽の塔 (CAMPFIREより)

コーン写真 パリの風景を楽しむ三角コーン君 (CAMPFIREより)

コーン写真 三角コーン野球団(CAMPFIREより)

コーン写真 日常的によく見る三角コーンによる、日常では絶対見かけない光景(CAMPFIREより)

 このクラウドファンディングの目標金額は20万円で、期限は2月27日23時59分まで。目標金額に達しなくても資金が受け取れるAll-in式ですが、2月25日時点で目標金額を超える41万9000円の金額が集まっています。用意されているリターンは、谷口さんのサインが入った「cone and the city」2号ならび1号の贈呈や、同写真集に掲載されているコーン写真のプリント、希望する場所で「cone and the city」展覧会を開催できる権利 などです。


エンジン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう