ニュース
» 2018年02月26日 18時00分 公開

お客さまをお迎えするワン 京都の着物レンタル店をお手伝いする柴犬が人懐っこくてかわいい

着物を着て記念撮影もできます。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 京都・伏見稲荷大社近くにある着物レンタル店「うるわしき」の看板犬、柴犬のカジくんが人気を集めています。


柴犬カジくん 着物レンタル店「うるわしき」の看板犬カジくん

 カジくんは元野良犬。2017年の夏に淡路島で保護されました。保護された時のカジくんはやせ細って衰弱した状態。なかなか飼い主が見つからず、インターネットを通じて里親募集を呼び掛けたそうです。


柴犬カジくん 元は野良犬だったカジくん

 この情報を見て居ても立っても居られなくなったのが「うるわしき」店主の増田さん。京都から3時間車を飛ばしてカジくんに会いに行きました。

 増田さんに初めて会ったときのカジくんは尻尾を大きく振って歓迎モード。相性がいいと判断されたのか、その日のうちに引き取ることが決まりました。

 「うるわしき」でのカジくんの居場所はガラス張りの店先。外を眺めるカジくんは、たちまち人気者になりました。


柴犬カジくん ガラス張りのお店で店番をしています

 特に多いのが訪日外国人のお客さん。着物を着て日本犬である柴犬・カジくんと触れあったり写真を撮ったりできる場所として話題になっているそうです。


柴犬カジくん 訪日や京都観光のいい記念になりそう

 カジくんの情報はInstagram(shiba.kaji)でも発信中。店主の増田さんは通訳者出身で日本語、中国語、英語が堪能。中国人、ペルー人、フランス人といった多国籍のスタッフも在籍しており、言葉の心配がいらないのも魅力なのかもしれません。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう