ニュース
» 2018年02月27日 12時34分 公開

多摩川花火大会、10月へ開催時期を変更 夏の集中豪雨や落雷の多発を踏まえて【訂正あり】

「来場者のさらなる安全・安心を最優先に運営するため」と川崎市は説明しています。

[ねとらぼ]

 神奈川県川崎市は26日、「川崎市制記念多摩川花火大会」の第77回(2018年度)は例年通りの夏ではなく、秋となる10月13日に開催することを発表しました。「集中豪雨や落雷の多発を踏まえて、来場者のさらなる安全・安心を最優先に運営するため」と理由を説明しています。

川崎市制記念多摩川花火大会 2018 開催 秋 変更 第75回川崎市制記念多摩川花火大会の様子(写真提供:川崎市)

 同大会は、川崎市制施行を記念して1929年に始まった花火大会。1975年から現在の二子橋付近の多摩川河川敷にて、基本的に毎年8月第3土曜日に開催されてきました。2017年8月19日、多摩川河川敷で開催を予定していた「世田谷区たまがわ花火大会」(主催:世田谷区等)の会場付近で、運動場のポールに落雷があり男女9人がしびれなどを訴えて病院に搬送される事故が発生。同大会は天候の急変により中止となりました。

【訂正:2018年2月28日午前10時40分】初出で2017年に落雷の事故があった花火大会は「川崎市制記念多摩川花火大会」の第76回開催だと表記していましたが、「世田谷区たまがわ花火大会」の誤りでした。お詫びをもって訂正いたします


川崎市制記念多摩川花火大会 2018 開催 秋 変更

 川崎市制記念多摩川花火大会第78回は来場者の安全・安心を優先し、例年比較的に天候が安定している10月の秋開催へ変更。打ち上げ数は昨年と同じ約6000発で、世田谷区たまがわ花火大会と同時開催となります。打ち上げ時間は日没時間が早いため、従来よりも1時間早めた18時〜19時を予定しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう